男が引く家

付き合いが長くなってくれば、彼を自分の家に招待することもあるはず。

彼が来るからといつも以上に念入りに掃除をしたつもりでも、案外自分では目につかない細かいところを見られていたりするもの。

そのため「これは慌てて掃除したんだな……」と見抜かれてしまうことも!

そこで今回は、彼が「彼女の家に行って正直ガッカリしたこと」についてご紹介します。

彼ががっかりする家

1、インテリアが埃まみれ

「俺と撮ったツーショットの写真が飾られていたんだけれど、かなりホコリかぶっていた。細かいところまでちゃんと綺麗にしてほしかったですね」(27歳/製造)

「ディスプレイされていたアクセサリー類が、全部ホコリとサビでボロボロになっていた。それだったら見える場所に置いておかないほうがまだマシだと思いました」(24歳/販売)

床や机の上など、大まかなところは掃除するものの、意外と忘れがちなのがこまごまとしたインテリア類。

綺麗に並べられたコスメ類や置物がホコリをかぶっていたら、彼も「こういうの気にしないんだな……」と残念に思ってしまいます。

部屋に飾るほどお気に入りなのであれば、日ごろから念入りに手入れしておく必要があるでしょう。

2、冷蔵庫が空っぽor賞味期限切れだらけ

「彼女の家に行ったら、冷蔵庫にビールしかなくてビックリしたことがある。結婚するなら多少は自炊してる子が良いですよね」(29歳/保険)

冷蔵庫に賞味期限切れのものがビッシリ入っているのがNGなのはもちろん、調味料すらないまっさらなキッチンも「私は料理をしません」と言っているようでゲンナリしてしまうそう。

理想を言ってしまえば「あるもので何か作ろうか~?」くらいの自然な感じが好ましいのでしょうが、料理が苦手な場合は簡単にふたりでつまめそうなものを用意しておくと良いかも。

3、水回りが汚い

「トイレを借りて用を足そうとしたら、垢やらホコリやらですごく汚れていた……。何だか見ちゃいけないものを見たような気になりました」(26歳/営業)

お客さんが来るとなればトイレマットやカバーを洗濯したり、芳香剤を置いてケアをする人も多いでしょう。

でもパッと見だけを取りつくろって、トイレや他にもお風呂、シンクなどを全く掃除しないのはNG。

もし彼がその汚れを発見してしまったら……100年の恋も一気に冷めてしまうかもしれませんよ。

おわりに

せっかく彼を家に呼べるほどの関係にまでなれたのに、ここで彼に嫌われてしまっては悲しすぎますよね。

完璧主義になる必要はありませんが、最低限清潔感だけは保っておくようにしたいものですね。(和/ライター)

(愛カツ編集部)