恋愛不感症

恋がしたいけど、好きな人すらできない……。そんなときに疑ってしまうのが「私に出会いがないから?」ということ。

でも実際には自分の生活や心理状態のせいで「出会っても気づけない」=「恋愛不感症」状態になってしまっていることの方が多いもの。

あなたを「恋愛不感症」にさせる危険な状態とは?

恋愛不感症

とにかく忙しい

恋人と時間をやりくりして付き合っていくのも、じつは努力が必要なもの。

さらに、好きな人や恋人がいない状態で毎日忙しい!という人は、まずは生活に恋愛が入るスキマを作ることが必要かもしれません。

「仕事のことで頭がいっぱい、気づけば今日ももう寝る時間」なんて人は、恋する以前に頭をリセットする時間を毎日少しでも持つところからはじめてみては?

スケジュールをつめすぎないことも大事です。

ちょっといいかも?と思った人に誘われても、1ヶ月先以降じゃないとデートもままならない……。これではいくら内心「恋したい!」と思っていても厳しいかも。

自分が嫌い

自分のことを好きではないのに他人を好きになるのは難しいこと。

そもそも他人の長所を素直に見れなくなりがちですし、いいと思う人がいても自分に自信が持てない状態では「自分のことなんか好きになってもらえない」とネガティブになってしまいます。

付き合うことはできても相手の言動をいちいち疑って「重い」と思われて即振られるケースも。

自分に対してネガティブな目線を持っているときに選ぶ相手は、本来の自分に合わない人であることも多いもの。

ずっと好きな人すらできないという人は、小さいことからでもコンプレックスと向き合ってみるのもよいかも知れません。

生活に不安がある

お金がないから恋する余裕がないかも?というのは何も男性に限った話ではありません。

自分のことが好きではない場合に言えることですが、人を好きになるには心の中に「他人が入るスキ」がなくてはいけません。

収入が少ない、就職が決まらないなど日々の生活に不安があると他人のいいところを見るような心のゆとりも消え、恋をしにくい状態に。

今の生活に満足している

恋人はいないものの仕事は楽しく、気心の知れた女友達もいて、趣味もある……。

人から見ると恵まれた状態にある人も、知らず知らずのうちに恋を遠ざけていることが!

満たされた状態だと、素直に人を好きになりやすい状態です。

しかし、ちょっと上手くいかないことがあったり、相手に合わせなければいけないことがあるだけで「ガマンするくらいなら恋は別にいいかな」と思ってしまいがち。

いまの生活を変えてまで彼氏を作っても……という人は、無理に「恋しなきゃ!」と焦るより、同じ価値観の人を探してみては?

おわりに

「好きな人ができない」のは出会いの数だけが問題なのではありません。

恋ができない自分の心の状態を振り返ってみると、結果的に新しい恋が近づくことも多いようです。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)