好き

こんにちは。恋愛プランナーのTETUYAです。

気になる彼に好きな気持ちを伝えたい!でも断れたらイヤだなあ……。でもでも、できれば相手にこの気持ちを察してほしい。

こんな感情に揺れ動いている方はいませんか? 男女問わず、世の中のほとんどの人が傷つきたくなんかありません。

今回は、「好き」という気持ちをリスクヘッジしながら伝える正統派なテクニックを伝授したいと思います。

好き

エサをまいて相手をおびきよせよう

まず前提としては、相手の男性も100%確実ではないまでも、あなたに高い確率で好意を持っている、という設定です。

たまに飲みにいってくだらない話で盛り上がれる仲だったり、LINEでちょくちょく連絡を取り合える仲だったり。

そんな、「脈アリかは分からないけど、たぶん全くナシではないよね……?」っていう関係ならOK。

それをふまえて今回のミッションは、好意をもつ男性に「○○さんって僕のこと好きなんだ。だから僕の方からアクションを起こそう」と思わせて行動させることです。

テクニック1.意識してレスを早くする

LINE即レス

単純にまずは、彼からのLINEに対するレスを意識して早く返すことから。

よく駆け引きで、彼のLINEに対して返信を遅くして不安にさせる話もありますが、これは完全にあなたが彼より優位に立っている場合にやること。

今回の場合は彼に好きという気持ちを間接的に伝えるわけですから、レスを早くして、彼に釘付けだとアピールすることが大事なんです。

彼からLINEがきたら、もったいぶらずにすぐに返信し、「最近この子からレス早いな。もしかして……」と、意識させましょう。

テクニック2.「会えるの楽しみにしてるね」

彼とのデートの約束が決まった場合や、デートしたあとの余韻をLINEで伝える時に使う「来週、会えるの楽しみにしてるね」「また会えるの楽しみにしてるね」のお決まりフレーズ。

これだけだとちょっとパンチが弱くて、相手に好きだという気持ちまでは伝わりません。

このフレーズに“楽しみにしている理由”を足すことが大事。

例えば、「もっと○○の話の続きが聞きたいから」「○○くんに会うとすごく元気になれるから」など。

ほんのちょっと付け足すだけで、あなたの「好き」という気持ちが伝わり、男性が喜ぶフレーズになるわけです。

テクニック3.「○○なところが好き」

好き

これは、僕の定番テクニック「間接的LIKE」です。

直接的に“好き”は伝えづらくても、「○○君の優しいところが好き」「○○君の気が効くところ好きだわー」のように、内面の部分に絞って“好き”と表現するのは案外口に出しやすいもの。

内面を褒められて嫌な気分になる人はいないはずですから。

さらに高度なテクニックなら、「ジェットコースター」を加えてみると効果大です。

「○○君って一見チャラく見えるけど、知れば知るほど真面目で優しいよね」のように、一瞬外見のマイナス部分をディスりながら、内面のプラスポイントを褒めるという落差のあるフレーズは、男性としてもとても嬉しいものです。

おわりに

今回紹介したように「好き」を間接的に伝えて、相手に認識させるということはそれなりのテクニックが必要なんです。

とはいえ、直接相手に「好き」と言っているわけでも、告白しているわけでもないので、万が一ダメでも、フラレて傷つくことはありませんよ。

ちょっとズルいですが、リスクヘッジしながら気持ちを伝えたいなら、自分から言わずに相手に気づかせて、相手から言わせること。

ぜひ、頑張ってみてくださいね。

(TETUYA/恋愛プランナー)

(愛カツ編集部)