運命なのか、一度は別れを選択したあなたと彼。でも、恋する気持ちがすべて、すぐになくなることは少ないのです。もし彼があなたに未練があって、復縁を狙っているとしたら……それも運命。

男性の12星座性格別に、別れた彼女に未練があって復縁したい時に出すサインを占います。

もし、あなたも復縁したいなら、どう対応するのがベストかもお知らせします。

●牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)……わかりやすくアプローチしてくる

未練がある! 復縁したい! と思ったら、わかりやすい行動しかできないのが、直情型の牡羊座彼。少々決まりが悪そうですが、「この後空いてるか?」のようなアプローチをしてきます。素直にそれに応じれば復縁につながるでしょう。

●牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)……何か言いたげな様子

注意深く彼を観察してみて。遠くからじっと見つめていたり、ふと目が合ったときに何か言いたげだったりしたら、未練のサインです。牡牛座彼は行動がゆっくりなのです。焦って反応せず、3回に1回くらい笑顔を向けて。そのうち話しかけてくるはず。

●双子座(5月21日~6月21日生まれ)……友だちを使って近寄ってくる

社交的な性格で友だちも多い双子座彼なので、復縁したいなと思ったら、友だちを使って近寄ってきます。イベントを主催して、友だち経由であなたを誘ったりするのです。変に断ったりせずに、出席して自分の気持ちをアピールしましょう。

●蟹座(6月22日~7月22日生まれ)……「友だちからでいいから」と言ってくる

1回別れているので遠慮してしまうのが、気の優しい蟹座彼。復縁したいと思ったら、まず「友だちからでいいから」と言ってくるでしょう。「友だち以上からでいいよ」と伝えてあげると、安心してもっと距離をつめてくるはず。

●獅子座(7月23日~8月22日生まれ)……かっこいい自分を見せにくる

見栄っ張りなので、前よりもかっこよくなった(と獅子座彼は思っている)自分を見せにくるでしょう。単なる自慢に見えますが、照れ隠しでもあるのです。「かっこよくなったね」と言ってあげれば、本当に言いたいことを言ってくれるはず。

●乙女座(8月23日~9月22日生まれ)……あなたの周りから情報収集

分析するのが得意な乙女座彼。まずは、あなたの周りから情報収集しはじめます。「今、彼いるのかな」「元彼(自分)のこと何か言ってる?」という感じ。第三者の意見を信じがちなので、その友達にヨリを戻したがってると伝えてもらうのが◎。

●天秤座(9月23日~10月23日生まれ)……あなたとの縁をさりげなく復活

人間関係を円滑にしておきたい天秤座彼は、別れる時も言いたい放題、なんてことはしません。緩やかにつなげておいたあなたとの縁を、たとえばLINEで「そういえば、元気?」という風にさりげなく復活させます。彼の計画に乗ってあげるのがよさそう。

●蠍座(10月24日~11月21日生まれ)……熱いまなざしを抑えられない

「未練」という言葉がよく似合ってしまうのが、蠍座の彼。一度心を開いたあなたとの復縁の決心がついたら、その熱いまなざしを抑えることができないでしょう。少々熱すぎるので、少しずつOKしていくくらいが、ちょうどよさそうです。

●射手座(11月22日~12月21日生まれ)……その気があるのかどうか聞きに来る

射手座の彼はせっかちな性格なので、復縁したいと思ったら、即、あなたにその気があるのかどうか聞きに来るでしょう。その時にもったいぶったりすると「脈なしか!」と判断されて去っていくので、「戻りたい」と言い切って。

●山羊座(12月22日~1月19日生まれ)……言いたいことがあるのはわかる

言いたいことがあるのはわかるけど、はっきり言ってこないのが、ストレートさに欠ける山羊座の彼。焦らされてイライラして、あなたから言ってしまいそう。でも、それで彼の気持ちが定まって、うまく復縁できそうな予感です。

●水瓶座(1月20日~2月18日生まれ)……ネットであなたのことを探る

IT系が得意な水瓶座の彼は、インターネットを駆使してSNSなどであなたのことを探るでしょう。あなたの現状を把握したら、あなたにだけわかる言葉で投稿したりし始めそう。あなたも同じように、彼にならわかる言葉で応じると復縁へと向かいます。

●魚座(2月19日~3月20日生まれ)……彼の男友だちから回ってきそう

傷つきやすい魚座彼は、別れたダメージが大きくて、未練があっても行動に出るのを怖がりがち。彼の復縁サインは、彼の男友だちから回ってきそうです。それを聞いたら、あなたから戻りたいと伝えに行くのが◎。彼の自信も戻ります。

●さいごに

別れた後に、思いを引きずるのは男性の方が多いという説もあります。

女性の方だって、そんなにすぐに嫌いにはなかなかなれないもの。もし彼からサインが出ているならば、その手を取るのもひとつの出会いであり、運命と言えるはず。チャンスを逃さないで!(麻音/占い師)

(愛カツ編集部)