電車でドン引き行動

電車ってたくさんの人が乗っている分、よく見ているとひとりひとりの性格が表れるもの。

なかには「この子の近くには座りたくないな……」と思われてしまうこともあります。

電車でドン引き行動

そこで今回は「育ちが悪いと思われる電車内での行動」についてご紹介します。

自分に当てはまっていないか、チェックしてみましょう。

1、ダッシュで席取りをする

・「彼女が割り込んでダッシュをしてまで、2人分の席を確保していたときは恥ずかしかった。満面の笑みで『席取れたよ~!』と言われたけれど、その場から立ち去りたくなりました」(21歳/大学生)

降りる人を押しのけてまで座席取りをする女性に、何だかガッカリ。「そこまでして座りたいの……?」と男性陣も引いてしまいます。

疲れているからこそ車内でゆっくりしたい気持ちもわかりますが、他人とぶつかってどちらかがケガをしては意味がありません。

「一緒にいて恥ずかしい」と思われてしまうのでやめましょうね。

2、メイクをする

・「たまにすごい顔をしてメイクをしている女子を見るけれど『育ち悪そうだな~』としか思わない」(20歳/大学生)

自分がかわいくなることに必死で、周りの目をまったく気にしない女性。人前でメイクができるなんて、品がないなと思ってしまいますよね。

また香水などの匂いがきつすぎるのも、「他人のことを考えられていない」「気持ち悪くなるからやめてほしい」とブーイングの嵐!

車内は狭く、隣の人と密着する可能性もあるのですから、香りものはほどほどにしておきましょう。

3、不満そうな顔であからさまによける

・「隣に座ろうとしたとたん、すごいイヤそうな顔をされると『俺ってそんなに汚い!?』と悲しくなります」(23歳/大学院生)

・「女友達と電車に乗ったとき、隣に来た男性をにらみつけるような目で見ていた。その一瞬の顔がすごく怖くて、その子の本性を見た気持ちになりました」(22歳/大学生)

特にこの時期は自分の汗も気になりますし、なるべく他人と触れたくない気持ちもわかります。

でも隣に人が来たからと言って、明らかに不快そうな顔をして、身体をよける女性っていますよね。そういう行動って実は他人をすごく傷つけているものです。

嫌そうに顔をしかめる行為をやめるだけで、あなたの印象も大きく変わるはずですよ。

おわりに

みんなスマホに夢中になっているかと思いきや、意外と車内の周囲の様子はチェックしているようです。

「電車内なんてしょせん他人の集まりなんだし、どんな態度とったって関係ない」と思うかもしれませんが、行動っていつの間にか自分の中に定着していきます。

そのため無意識に好きな人の前で、上記のような身勝手さが出てしまうことも……。

だからこそ普段から意識して、他人の迷惑にならない行動を取っていきたいものですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)