忙しい彼氏

仕事で忙しい毎日を送っている男性とは、なかなか距離を縮めるようなチャンスもなかったりしますよね。

強引に近づこうとしすぎると邪魔になる可能性も高いので、上手にアプローチを仕掛けることが重要です。

忙しい男性

そこで今回は、「忙しい男性」との距離を上手に縮める方法を紹介します。

「いつでもお誘いOK」な雰囲気を出す

どんなに忙しい男性でも、急にふと時間が取れたりすることだってあったりするもの。

そういったときに、気軽に声がかけやすい女性であれば、「ちょっと誘ってみようかな」と男性も思ってくれたりするでしょう。

そのためにも、「いつでもお誘いOK」な雰囲気を出すことは大事。「たまには飲みに連れて行ってください」とか「暇なんでいつでも声をかけてください」などと言っておくといいでしょう。

ただ、夜中の呼び出しにも応じたりして、軽い感じを出してしまうと遊ばれる危険性もあるので、都合のいい女にはならないように注意しましょう。

「返事」はすぐにする

忙しい男性を相手にするうえで最も重要なのは、「返事はすぐにする」ということ。

ちょっと時間ができたときに連絡をした際に、いつまでも返事がこなかったら、「じゃあ、他の子を誘うか」なんてことにもなってしまうかも。

忙しい合間を縫っての少しだけの貴重な時間である可能性も高いので、無駄に時間を取らせないように心がけることが大事。

いつも返事が遅い女性は、基本的には忙しい男性からはあまり声はかけてもらいにくいものですよ。

「ドタキャン」されても気にしない

大きな仕事を任されているような男性は、約束をしていても急に行けなくなってしまうようなこともよくあるもの。

忙しい男性と恋愛をするのであれば、女性側もそれは十分に覚悟をしておく必要があります。

ドタキャンをされる度に落ち込んだり怒っていたりしたら、すぐに身が持たなくなってしまうはずです。

男性としても、いちいちショックを受けるのではなく、「わかった!じゃあ、また誘ってね!」と気持ちを切り替えてくれる女性の方が、確実に付き合いやすさを感じることでしょう。

早めに「好意」は伝えておく

仕事でスケジュールがパンパンな男性は、どうしても恋愛は二の次のような状態になってしまうもの。

なので、忙しい男性との距離を縮めていくためには、必然的に時間もかかることになります。

だからこそ、あなたの「好意」は、なるべく早めに男性には伝えておくことが重要になってくるでしょう。

早めにさりげなく好意を示してあげれば、忙しい合間にもあなたのことを考える時間を持ってくれるようになり、少しずつ意識してくれるようにもなるはずですよ。

おわりに

「忙しい男性」に対しては、相手の状況にちゃんと理解を示してあげることが何よりも大事です。

そこで自分のことしか考えていないような行動を取ると、確実に嫌われてしまうので気をつけてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)