ダメLINE

LINEで会話を重ねることによって、自然と気になる男性との距離を縮めることもできるでしょう。

でも、男性がイライラするようなLINEばかり送ると、逆に敬遠されるようなことになってしまうことだってあるのです。

そこで今回は「恋愛下手」な女性が送りがちなダメLINEを紹介します。

ダメLINE

話に「終わりが見えない」

好きな男性とは「いつまででもずっと会話を続けていたい」という気持ちはよくわかります。

でも、LINEでそれを本当に実行してしまうのは絶対にNGな行為。

いつまでもダラダラと終わりが見えない会話をされたら、男性としては苦痛にしか感じられません。

会話がひと盛り上がりしたところで思いきって切り上げるようにした方が、男性の中にも「もうちょっと話したい」という気持ちが出てきて、あなたへの思いも強くなったりするものですよ。

すぐに「途切れる」

まとまった文章ではなく、短文や単語に分けて何度も送ってくるなど、いちいち返信までに時間がかかるようなLINEは、男性のイライラも増えてしまうはず。

しかも、女性の方から送ってきたくせになかなか会話が進まなかったら、怒りすら覚えてしまいます。

特に話が盛り上がってきた肝心なところでそんな状態になると、楽しいムードを台無しにしてしまう可能性だってあるので注意。

男性は結論が見えない会話をするのを嫌がる傾向にあるので、テンポよく返信することを心がけた方がいいですよ。

「大事な用件」なのに返事が遅い

男性は、LINEをコミュニケーションツールではなく連絡ツールとして捉えている人が多いんです。

用がないのに会話したりするのではなく、大事な用件があるとき、予定や約束を決めたいときなどに送ることが多いでしょう。

だからこそ、それに対してなかなか返事をしてくれないとイライラしてしまうし「もういいや」なんて気持ちにもなったりするかも。

OKか無理か、行けるか行けないかの返事だけでもいいので、なるべく早めに返すようにしないと、なかなか誘ってもらえなくなってしまいますよ。

「返事に困る内容」が多い

返事に困るようなLINEを送られるのが、男性にとっては最もストレスになります。

「だから何?」とか「で、何が言いたいの?」と思われるような内容は、男性には送るべきではないでしょう。

その日に起こった出来事を全て話そうとするような“日記LINE”や「今から美容院に行くんだ」といった“報告LINE”などは、その最たるもの。

「とにかく会話をしたい」とか「少しでもつながっていたい」という思いからなのかもしれませんが、それは男性にはうっとうしさしか与えないはずですよ。

おわりに

男性と女性では、LINEに対する考え方や捉え方が違っていたりするもの。

だからこそ、男性がどう感じるかも多少は考えてLINEを送らないと、嫌われてしまう事態になりかねませんよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)