愛され下手

愛されることに憶病になってしまっていませんか?

友達にとても可愛い女性がいます。男女両方から見て「ビジュアルもスタイルも人並み以上」な彼女。

決してモテないわけではないのに、なかなか恋愛が発展しないのはなぜ?

その子は信じられないほど「愛され下手」だったのです。そんな彼女に代表される「愛され下手な女性の特徴」をまとめてみました。

愛され下手

近寄る男性をひたすらブロック

その子はとても社交的で明るく、誰にでも好かれる性格をしています。

お洒落にも気を抜かず、異性から見ても同性から見ても可愛い。しかも、少し天然なところもあり、にくめないキャラ。

そんな感じなので当然、男性が近づいてきます。

食事に行かない?という誘いや、二人で飲みに行かない?と脈ありな連絡もくるのですが、肝心の彼女はなかなかその誘いに乗りません。

どうもそうやって誘ってくる男性はチャラいと思っているようです。ゆっくりと愛を育める男性ではないと付き合えない……とブロックしまくりなんですね。

奥手すぎる

誰にでも好かれるキャラクターでありながら、男性に対しては固いカベがあるようです。

かわいいね、と言われても信じることができないし、逆にそんな軽口を言ってくる男性なんて信じられない!となるわけです。

自分のことを好きなってくれる人なんて、いないのではないかと思い込んでしまい……。

恋に対して奥手で、声をかけられても自分からふみ出せないのでなかなか恋が発展しないのです。

恋愛観がネガティブすぎ

愛され下手な女性の特徴として、自分なんて愛されるわけがないという大前提があります。

だから、ほめられても「どうせお世辞」と思い、食事に誘われても「社交辞令だよ」とネガティブにとらえてしまいます。

内心、そんなことは無いのかも……とは思っているんですが、万が一違ったときに自分が傷つくのが怖くてバリアをはるのです。

自分の弱みを見せられない

愛されることが苦手な女性は、そもそも相手が自分を好きになってくれると思っていません。

また、もし付き合えたとしても、いつまでも相手が自分のことを好きでいてくれる保証はないと考えています。

相手が信頼できないのです。そのためなかなか自分の弱みを見せられず、素をさらけ出せません。

いつか裏切られるんじゃないのか、という不安があるのです。

男性の理想像がとても高い

愛されることが苦手だと、それだけ恋愛をする機会も減ります。

上手くいったとしても、おたがいを深く知る前に終わってしまう可能性が高いですよね。

相手の不格好なところや情けないところを受け入れるのが本当の恋愛。

そういった関係に進む前で足踏みしてしまっているので、本当の恋愛を知りません。

そのため、現実的にはありえない、高い理想ばかりがつみ上がってしまうのです。

まずは思いきって踏み出してみよう

愛されることが苦手な女性はなかなか恋愛に踏み込めません。そのまま時間だけがすぎ、理想は高くなるものの、経験値は低いまま……ということに。

恋愛経験が不足しているので恋愛に対して自信が持てず、愛されることを受け入れられない、というスパイラルにハマってしまいます。

これをたち切るには一度失敗をしてみること!

「最悪のことが起こるのが恋愛、最高のことが起こることも恋愛」という言葉があります。

一度傷ついてみる覚悟をもって相手と向き合わないと、うわべだけの恋愛からは何も生まれません。

覚悟を持って恋愛に踏み出してみませんか?

(愛カツ編集部)