友達

友人関係から恋人関係へ昇格したくても、何をどうしたら良いのかわからない……ということは多いですよね。

しかし、気になる男性には早めに好意を伝えておかないと、他の誰かと付き合ってしまったり、一生友達としてしか見てもらえなかったり、恋仲になるためのハードルが上がってしまいます。

そこで今回は、どのような言動が友達から恋人に昇格できるのか、ご紹介していきます。

友達

1:「好き」と言う

男性は鈍感な人が多いため、ハッキリと思ったことを伝えないとわかってもらえません。

とは言え、いきなり告白するという意味ではありませんよ。

彼のどこかを褒めるときに、あえて「好き」という言葉を使うのです。

例えば「その服いいね」ではなく「わたしその服好き」「〇〇くんのそういうところがいいよね」ではなく「〇〇くんのそういうとこ、好きだよ」と伝えます。

あくまで告白しているわけではないため、それを言うことで付き合えるわけではありませんが、男性にとっても「好き」と言われるとそれだけでドキドキしてしまうもの。

あなたのことを彼に意識してもらうには、彼にあなたの言葉でドキドキしてもらうのが1番なのです。

2:デートに誘う

デートは男性から誘ってもらうのが嬉しいですが、女性から誘うのがダメだという決まりはありません。

彼からのお誘いがないのであれば、あなたから誘えばいいのです。

「もし断られたら……」「うまく誘えなかったら……」と不安になってしまうかもしれませんが、そのまま何もしないで彼が他の人と付き合い始めてしまうより、1度勇気を出してしまう方が良いと思いませんか?

もしどうしても普通に誘うのが厳しいのであれば「この日映画のチケット買ったんだけど女友達にドタキャンされて、一緒に行ってくれない?」というような誘い方でもOK!

ここでのデートは、彼に“人として好いている”とわかってもらえるだけで良いのです。

デートが決まればあとは当日に向けてお肌や体調のコンディションを整えていくだけ!

映画を観て、食事をして、少し酔ったところで彼との距離を詰めていけば、普段とは少し違うあなたを見せることができますよ。

女らしい、かわいいあなたを演出しちゃいましょう。

3:連絡はマメに、でもそっけなく

彼と仲良くなってくると、連絡をとるのが普通になってきますよね。

「ねえ!聞いて~!」というような何気ない話から「昨日こんなことあって、ほんとツイてない!」などのグチまで、気軽に連絡を取り合う仲になれるよう、親睦を深めていくのです。

何かなくても連絡するという関係にまでなれればこっちのもの!

友達以上恋人未満というプラトニックな関係を続けてみましょう。

しかし、連絡はマメに、仲良く話しはするけど少しそっけないというように「俺のこと好きなの?好きじゃないの?」というあいまいな対応がベスト。

そのうち、少し他の男の影をチラつかせれば、彼の狩猟本能をくすぐり、告白させることができるかもしれませんよ。

注意したいのが、この状態を何ヶ月も続けてしまうこと。

「中途半端な関係でも俺のそばにいてくれる」と勘違いさせてしまう可能性があるため、絶対にNG!

3ヶ月の間にケリをつけましょう!

おわりに

いかがでしたか?

1度友達になってしまうと、そこから恋人に昇格するのはとても大変。

まずは自分を“女”だと認識してもらえるような振る舞いをこころがけるところから始めてみてくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)