セックスしたいサイン

男子が「エッチしたい」と思ったとき、その気持ちを言葉にできないという場合があります。

「断られたら立ち直れない……」

そう考える人が多いのですね。そのため、言葉ではなく態度でサインを出すことが多いんだとか。

では、男子のエッチしたいときのサインには、どのようなものがあるのでしょう?

セックスしたいサイン

1:距離を縮めてくる

少しずつ距離を縮めてムードを作ろうとする人は多いですよね。

物理的な距離を縮めていくことで、女子側にも心の準備をさせる状況を作り上げることができます。

逆に、嫌だと思えばどうにか逃げることも不可能ではありません。

ムードを大切にする女子相手には、この方法がもってこい。

そのため、実践している男子はかなり多いのだと言えるのです。

2:急にキスやハグをしてくる

突然、キスやハグなどのスキンシップをする男子もいますよね。

刺激を求めている女子はその大胆な行動にキュンとする場合もありますが、中には動揺してしまって思わず拒否してしまった……ということもあるようです。

女子の気持ちを確認する前に自分の気持ちで動いてしまう、積極的と言えば聞こえは良いですが、自分優先な男子に多く見られる傾向でもあるのですね。

たまになら良くても毎度そうなのであれば、彼があなたのことをどの程度考えてくれているか、もう一度見つめ直す必要があるのかもしれません。

3:目を見つめてくる

目をじっと見つめてくるのも、彼がエッチをしたいと思っているサイン。

なかなか友だち以上に見てもらえないときなどは特に、目を見つめてこちらに気を引かせようとする傾向にありますよね。

黙って見つめられることで、なんとなく逃げられない空気を作ってしまうのがこの行動の真意。

見つめられてドキドキする女子特有の心の動きを、男子もわかっているということですね。

4:沈黙がつづく

男子が下心を意識すると、沈黙が増えてしまう場合があります。

「いつどう切り出そうか」「どうしたら拒否されないだろうか」と悩んでしまうのです。

ということは、デート中の彼が上の空で、「ちょっと、話聞いてる?」とつい怒ってしまうこの状況で、実は彼の頭の中はエッチのことでいっぱいだった、ということも考えられるのです。

下心うんぬんは置いといて“会話がない=楽しくない”と思っているわけではないということは、わかってあげて欲しいですね。

5:そわそわしだす

彼が時間を気にしてそわそわしだすのも、エッチをしたいと思っているサインだと言えます。

彼女に門限があれば、それまでに帰れるように時間を気にしてしまいますよね。

または、次の行動にうつすまでに勇気がなかなか出ずに、なんとなく時計を見ているそぶりをしていただけの可能性もあります。

時間が経つにつれて彼の落ち着きがなくなってきているときは、エッチがしたいのかもしれないと、心の準備をしておいても良いかもしれませんね。

おわりに

いかがでしたか?

自分の思うように行動しているとばかり思っていても、いざというときは言い出すことが出来ないといった繊細なところもあるのが男というもの。

「(エッチが)したい」この一言がなかなか言えないという男子の気持ちもわかってあげたいところです。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)