こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

付き合う前のデートはドキドキですね。男性からの恋愛・婚活相談で一番多いご相談内容がお会計について。男性はすごく神経を使うようです。

基本的に男性は自分が出すつもりでいる方が多いです。しかし、その時の女性のセリフでドン引きしてしまって二度目はないと思う場合も。

お会計の時に男性がドン引きするのはどんな女性なのでしょうか?

1、「いよいよ、私も出すよ。」と言って割り勘

「出すよと言う女性がいたらどうしたらいいんでしょうか?」と悩む男性は多いです。

男性ががっかりするのはこういう女性。

喜ばせようとしてご馳走しようとしたのに、素直に甘えず割り勘を申し出られると「余計なことしたのかな?」と格好がつかない。

ここは「ありがとう」といいましょう。

2、財布出すそぶりもお礼もなく当たり前のようにご馳走になる

男性から聞くと多いそうです。自分が出すつもりだけど、当たり前はヤダ。お礼をきちんというのかいわないのか、割と高所得の方ほど見ています。

女性のATMになりたいわけじゃなく、女性を喜ばせることができる男性でありたいだけ。お礼がない女性ならどんな美人でも二度目はないでしょう。

3、「すいません」はお礼じゃない!

「ありがとう」「ごちそうさまです」がない女性が多いとはお伝えしました。

しかし、女性って自分はお礼を言ってるつもりの方が多いようです。

お礼を言っているつもりの女性が言いがちなのが「すいません」「悪いですね」です。でも、これはお礼じゃありません。

払ってもらって悪いなと、罪悪感を感じる女性が言いがち。

この罪悪感と感謝の気持ちは全く別です。ありがたいなと思ってる女性は笑顔で柔らかい表情ですが、悪いなと思ってる女性は固い表情。
どちらの女性と過ごす方が楽しいでしょうか?自分にベクトルが向いてる罪悪感を感じやすい女性もモテません。

1~3なら全て「ありがとう」と言おう

さぁ、どれか当てはまりましたか?1~3に当てはまるのであればきちんとお礼を言いましょう。

男性は基本的に自分が出そうと思っているとお伝えしました。それは、女性の前で恰好つけたいのです。頼られたいのです。

男性が活躍したくて、やっている活躍の場を自分目線で潰さないように。(菊乃/ライター)

(愛カツ編集部)