フェロモン……すべての女性に備わっている、男性を魅了する不思議な何か。これを思いのままに操ることができれば、気になる彼をすぐにゲットできるかもしれません。

そもそも、あなたはどのくらいフェロモンを持っているのでしょうか?

女性の星座別に、男性を魅了するフェロモンがどれくらいあるか、その活かし方やもっと出す方法などを占います。

●牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)……フェロモン度60%

牡羊座は喜怒哀楽が激しい性格。拗ねたりワガママを言ったり、かと思うと無邪気にふるまったりと、男性が惹かれるフェロモンはけっこうあるけれど、少々ダダ漏れのきらいが。しっとりした空気の時にはフェロモン栓を締めると、普段の素直さが引き立ちます。

●牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)……フェロモン度20%

もともと持っているフェロモンは少なめ。自分にないモノを人は求めると言いますが、まさに牡牛座は「快楽」というフェロモンを外に求めます。その快楽のひとつが恋人。ふたりきりになったとき、全てのフェロモンが放出され、一番それが活かされるのです。

●双子座(5月21日~6月21日生まれ)……フェロモン度45%

恋愛をゲーム感覚で楽しむ双子座は、男性をとりあえず惹きつけるフェロモンをそこそこ持っています。しかし、心の奥底に潜めているフェロモンは、未熟なうちは出せません。恋愛経験を何度も積み、最後の相手になったときに発揮すると、運命のふたりになれそう。

●蟹座(6月22日~7月22日生まれ)……フェロモン度25%

男性に対して優しいため、かわいいという印象が強い蟹座。でも、基本的に分け隔てないところと、女というよりは母のような優しさの方が強く、フェロモンは少なめ。お世話をやめて冷たい態度を取ると、男性が追いかけたくなるフェロモンが出てきそう。

●獅子座(7月23日~8月22日生まれ)……フェロモン度15%

フェロモン多めな女に見せようと、日々様々な方向で努力をしている獅子座。でも、もともとのフェロモンはそう多くありません。結婚する相手、くらいの深い関係の相手になら自前のフェロモンを出せるけれど、それ以外は無理に出すとストレスになりそう。

●乙女座(8月23日~9月22日生まれ)……フェロモン度65%

乙女座独特の、かたくなな処女のようなフェロモンがあります。固い蕾から漏れだしているフェロモンに、男性は魅了されるのです。おそらく一生花びらが全開になることはなく、年を取るごとに少しずつ開いていくのが、乙女座の魅力となります。

●天秤座(9月23日~10月23日生まれ)……フェロモン度75%

人当たりよく、人間関係をなめらかに構築するそのスキルは、まさに運命的に授けられたフェロモンのおかげ。特に出そうと思って出しているわけでもないのです。「この人と付き合う!」とやる気になれば、勝手にフェロモン増大。落とすのはカンタン。

●蠍座(10月24日~11月21日生まれ)……フェロモン度90%

フェロモンの塊のような女性が、蠍座。外見もフェロモンむんむんですし、付き合ってはじめてわかる隠されたフェロモンも大量。蠍座の場合、付き合いはじめの時は、ヤキモチを避けるためにフェロモンを引っ込めたほうがいいのだけれど、どうしても出てしまいそう。

●射手座(11月22日~12月21日生まれ)……フェロモン度30%

健康美にともなっているフェロモンはあるのですが、あまりにも開放的な性格で出し惜しみをしないため、男性が意識するほどの量が止まっていません。セクシーなファッションをしてワイルドな美女を目指せば、フェロモン出し過ぎになれるかも。

●山羊座(12月22日~1月19日生まれ)……フェロモン度50%

けっこう女らしい山羊座。フェロモンを隠し持っているのです。フェロモンを出しても大丈夫かな……と様子をうかがい、そんなことをしてもプライドが傷つかないことが確認できれば、出します。女っぽい服を着ると、勢いで出ちゃうことも多いでしょう。

●水瓶座(1月20日~2月18日生まれ)……フェロモン度40%

まあまあ人並み弱程度には、男性を惹きつけるフェロモンを持っているけれど、男女平等思考の水瓶座にとっては邪魔な代物。出さないで済むなら隠したいのが本心。でも恋愛が始まれば、礼儀としてフェロモンを出すくらいのことはできます。

●魚座(2月19日~3月20日生まれ)……フェロモン度80%

少々子どもっぽいフェロモンですが、着々と蓄えているのが魚座。ふわふわフェロモンを常時身にまとい、いざという時には濃厚フェロモンも繰り出します。男性にはそれでOKですが、同性にあまり引かれないように気を付けるのが、一番のポイントになります。

●さいごに

星が授けたフェロモン度は、恋愛性格に色濃く反映されています。星座によってまちまちですが、少ないからといってモテないとも限りませんし、ありすぎても手に負えない場合も。

自分のフェロモンの特性を知り、恋愛に上手に活かしてくださいね。(馴紫月/占い師)

(愛カツ編集部)