結婚向きか恋愛向きか

気になる彼や、今付き合っている彼がいるという皆さま。

彼とは恋愛で終わってしまうのか、結婚まで考えるべきか……悩みどころですよね。

今回はこの悩みに対してヒントをお伝えしましょう。彼が「恋愛向き」の男性なのか、「結婚向き」の男性なのか……見極める4つのポイントをお伝えします。

さて、彼はどっちでしょうか?

結婚向きか恋愛向きか

その1:お洒落な食事を好む男性は……

お洒落なレストランに連れて行ってくれて、会計をいつもしてくれる、そんな紳士的な男性は「恋愛向き」です。

ひとたび結婚したら、毎日レストランに行くわけにはいきませんから、その男性の新しい面が現れてきます。いつも気ままに外食、好きなレストランに行ける生活を送っていた男性は、制約されるのを嫌いがちです。

結婚した家庭での食事も新鮮味が薄れてきた頃、外食が恋しくなってしまい家になかなか帰ってこないことも……。

デートが毎回ゴージャスな男性は、結婚には向かない可能性があると考えましょう。

その2:自分が忙しくなると連絡が滞る男性は……

恋愛は双方が調子が良い時はうまくいきます。そして、どちらかが都合が悪くなったり、好きという感情が弱まると別れることができます。そういう意味で自由です。

一方、結婚は一度してしまうとそうたやすくはいきません。

自分が仕事などで忙しくなると連絡が滞る男性というのは、自由な「恋愛向き」です。あなた自身も、彼の状態に合わせてペース配分を変えて行けば良いからです。

一方、結婚して一緒に生活すると、毎回毎回彼のペースに合わせて柔軟に対応することが難しくなります。

忙しくなって連絡が滞るというのは、自分のことを優先する傾向が非常に強いことの現れです。

結婚生活には向かない可能性があると考えましょう。

その3:共通の趣味が少ない男性は……

あなたと共通の趣味が少ない男は、「恋愛向き」です。

恋愛においてはお互いある程度時間を作っていくことがデートの大前提になりますので、異なる趣味もお互いに楽しむことができます。

一方で、結婚生活は、お互いが毎日一緒にいるため、片方の趣味でただデートするだけでは、もう一方がリフレッシュできないことが多くなってきます。

また、子育てなど含めて恋愛のように自由に使える時間自体が少ないため、相手の趣味に合わせるよりも自分の趣味で息抜きしたいという思いが自然と強くなっていきます。

共通の趣味を通じてリフレッシュできない、そんな男性は結婚には不向きの可能性があると考えましょう。

その4:夢や挑戦したいことがある男性は……

いろいろ夢や挑戦したいことがある、そんな男性は恋愛と結婚どちらに向くでしょう?

恋愛だと考えられやすいですが、実は違います。チャレンジ精神にあふれた男性は、意外にも「結婚向き」です。

さまざまな困難や、ひとりの生活とは異なることが多い結婚生活において、一緒に家族と乗り越えていく、そんなエネルギーの源泉が、夢や挑戦したいことです。

それが無いと、疲弊してどんどん結婚のストレスが溜まっていくことになるでしょう。

一方、恋愛においては、どちらかというと「あなた自身に全力投球」してくれる彼が向いていますので、ある程度夢も実現して余裕がある方が向いています。

本当に彼でいい?

今回のヒントいかがでしたか?

恋愛から結婚に移行しようとしている方、結婚を前提にお付き合いを検討している方は、今回のヒントを参考に、本当に彼で良いのかを念のためチェックしてみましょう。

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)