言われたい言葉

恋愛のかけひきに勝利するには、言葉をチョイスするセンスが必要。

ときに彼を喜ばせ、ときに不安がらせ、とっておきのフレーズで心をわしづかみにしませんか?

そこで今回は、男性が女性に一度は言われてみたい言葉を5つご紹介。

すっかり有頂天になった彼をどう料理するかは、あなた次第です!

言われたい言葉

あなたってスゴい!

「あなたってスゴい!」のたったひと言で鼻息を荒くするのが男性という生き物。

頼んでもいないのに過去の武勇伝を話しだすのは、自身の承認欲求を満たすためなのです。

この反射的な行動は医学的にも解明されていて、女性に褒められることで男性ホルモンが活発に分泌されるとか。

褒めた女性のことを一瞬にして好きになってしまうこともあるそうです。

では「スゴい!」と褒めてあげる内容は、どんなことがいいのでしょう?

彼が誰にも負けないと自負していることがベストですが、仕事、ファッション、笑いのセンスなど、少しでもこだわりをもっていることならなんでもOK!

倦怠期をむかえたカップルであれば、セックスの最中の久しぶりの「スゴい」も◎。

精力剤以上の効き目がありますよ。お試しあれ。

あなたが初めて!

男は「最初の男」になりたがり、女は「最後の女」になりたがる。こんなフレーズを聞いたことはありませんか?

そう、男は一番乗りが大好き。「初めて」という言葉に弱い生き物なのです。

「こんなところに連れてきてくれたのは、あなたが初めて」「私をメールで泣かせたのは、あなたが初めて」「こんなにスーツが似合う男性は初めて」

そして「こんな素敵なセックス、あなたが初めて」

と、こんなふうに使いますが、たまに褒めるという点がコツ。

あまりいつもいつも褒めていると彼に本心かどうか疑われたり、逆につけ上がったりと始末に悪くなることも。

褒める頻度には要注意です。

すごく頼れる

自分の強さをアピールしたいのが男性ですから「すごく頼れる」という言い回しも大好物。

誰かの助けになることで、自分の強さや能力を実感することができるのです。

頼られた相手が好きな女性であれば、その喜びはひとしお。

「ありがとう。すごく頼もしいわ」などと褒められようものなら、気分はスーパーヒーロー、まさに空も飛べそうな勢いです。

ただし、この言葉も乱用せず、相手にちゃんと実感をもたせたうえでのご褒美でなければなりません。

まずは車の運転、テレビの配線、DIY、パソコンの設定などなど……。女性が、苦手な分野でなにかお手伝いしてもらいましょう。

そして、ほどよいタイミングでサラリと「助かった! 頼りがいがあるなー。またお願いしてもいい?」と言葉の「成功報酬」を!

とはいえ、最近では工作系や力仕事が不得意な男性もいるそうなので、そこはくれぐれもご注意を。

なんでも話せちゃう

とにかく男は競争好き。

ライバルを押しのけてのナンバーワン、オンリーワン、特別という言葉が大好きです。

当然、女性にとってのオンリーワンとなれば、男の自尊心はこれ以上ないほど満たされた状態に。

そんな男性にとって「あなたにはなんでも話せちゃう」というひと言は、小躍りしたくなるほど嬉しいはず。

当然、男性は冷静を装いながら「いつでも相談にのるから話してよ」と胸を開き、あなたはそこに飛びこむだけとなるのです。

一緒にいると……

「一緒にいると楽しい」「一緒にいると安心する」「一緒にいると面白い」

この言葉のキモは「一緒にいると」という短いフレーズ。

気になる彼女からこの言葉を引き出したいがために、男性は笑いのネタを仕込んだり、お酒の銘柄を一夜漬けで覚えたり、ドライブ用の選曲をしたり。

涙ぐましい努力を惜しみません。

そんな男性にとって最高のごほうびが「いつも一緒にいたい」という言葉。

一夜漬けの勉強がバレようと、デートが空回りしようと、あなたとの時間を最高のひとときにしたいと言う努力が見えたらチャンスです。

男性には、慈悲の心で「一緒にいて楽しかった!」のひと言をかけてあげましょう。

おわりに

こうした言葉は、男性の本能をくすぐり、恋愛を始めるスイッチになるだけでなく、長年付き合っているマンネリカップルにとっても有効。

パートナーを褒めることで「ずっとあなたと恋愛していますよ」と伝えることにもなるからです。

恋愛が始まっていない人も、終わりかけている人も、ぜひこれらの言葉を上手に使って、関係を盛り上げてみませんか?

(5656/ライター)

(愛カツ編集部)