男性に刺さる一言

男性は、女性にくらべれば単純な生き物。それだけに、ちょっとした一言にグッときやすく「これを言われたら、もう最高!」というセリフがあったりします。

そこで今回は、そんな、セリフをピックアップしました。

男性に刺さる一言
このセリフを唱えれば、魔法のように彼に効いてくれるかも!?

〇〇くんが1番私にピッタリ!

気が合うとか、性格が好みだとか、そういった感情を表現したいなら、このセリフがおすすめ。

まず、「一番」という単語が、男性の自尊心(プライド)をくすぐります。次に、「私に」という限定が、男性に特別感を与えます。

いわば、ナンバーワンとオンリーワンの合体技。この合体技をキメられると、男性は「君を世界で1番幸せにする男は俺だ!」くらいのテンションになります。

実際は、照れながら「ほ、ほんと? そうだといいな~」くらいかもしれませんが、心のなかでは、満面の笑みで飛び上がってバンザイしていることでしょう。

もうちょっと一緒にいていい?

もうそろそろ帰る時間……、というときに、男性が言われたいセリフNo1がコレ。

似たセリフとしては、「今夜は帰りたくない」などが定番ですが、これは、どちらかというとエッチを匂わせるセリフですよね。

「もうちょっと、一緒にいていい?」は、ただ、ふたりでいる時間がもう少し続いてほしい、というかわいい願望。プラトニックな感情が、彼の心をキュンとさせます。

流れでホテルへ……、などももちろんアリですが、一緒に食事をしたり、お酒を飲んだり、カラオケにいく、というだけでも、十分喜んでもらえるでしょう。

こんなこと言われても困るよね……

ちょっとした妄想を言ったり、願望を伝えたりした後に、このセリフでトドメの一撃。このセリフには「チラ見せした好意が、逃げていく」という感覚にさせる効果があり「そんなことないよ!」と、つい言わせてしまう力があります。

「冗談っぽく照れ笑いしながら言う」パターンと、「目をそらして少し寂しそうに言う」パターンがあるので、シチュエーションに合わせて使いわけてみましょう。

したいデートを言ってみたり、イチャつく妄想を伝えたりしたときには、照れ笑い。

「もっと一緒にいたい」「私だけを見てほしい」など、感情を伝えるときには、目をそらして寂しそうに。彼をドキドキさせてあげましょう。

〇〇くんだったらいいよ

ちょっと恥ずかしいことや、ほかの人には許していないことを、許可するのに使えるセリフ。もちろん、実際には誰でもOKだとしても「〇〇くんだったら」を付け加えるだけで、一気に特別感を出すことができます。

LINE交換や、夜のデート、なにかの貸し借りなど「〇〇くんだけに教えるね」「〇〇くんだから話すけど……」といった感じで応用もできます。

付き合う前のキスやエッチ、付き合ったあとに、特別なプレイを求められる。そんな場面にもおすすめですよ。

おわりに

「本当は恥ずかしい」「本来はダメだけど」ということを「あなたならいいよ」「キミだから欲しいの」というニュアンスで求められるセリフは、男性にとって最高の幸せに値します。

もちろん、好きな子から言われたいセリフですが、少しでも女を感じている相手であれば、意味を持つもの。あなたもぜひ、活用してみてはいかがでしょう?

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)