男心を掴む

人が恋に落ちるのは、ちょっとした仕草だったり咄嗟の行動だったり、意外と一瞬だったりするもの。

つまり、一瞬でキュンとさせる言動ができれば、好きな人を振り向かせるのも、そう難しいことではないのかもしれません。

そこで今回は、ホステスの筆者が実証してきた男性の心をキュンとさせる、スーパーかわいい言動をピックアップしました!

男心を掴む

素直な好意を隠さない

夜のお仕事をしている方が、男性にかわいがられるのはなぜでしょうか?

容姿がいい、色気がある……それも間違いではありませんが、素直に好きとか会いたいという気持ちを見せているからかもしれません。

もちろん商売だからこそですが、男性は好意を見せられるとやっぱり嬉しいものですし、かわいく見えてくるもの。

しかし、一般社会で素直に好きと言うのは恥ずかしいですよね。また、あからさまな好き好き攻撃は、逆効果になることも……。

でも、恥ずかしさで多くの女性が好意を隠すからこそ

「会えて嬉しい」
「一緒にいると楽しい」

という素直な気持ちを伝えてみてください。

男性は女性の好意を求めている生き物。「好き」という言葉じゃなくても、好意を覗かせる素直な言葉にキュンとしてしまうのです。

特別感アリ!「あなただから」

誰だって特別な存在でいたいと思いますよね。いくら優しくても、好きな人がみんなに優しかったら素直に喜べないはず。

だからこそ、会話のなかで

「〇〇さんだから話すんだけど」
「〇〇さんにだからお願いできるんだけど」
「あなただだけ特別なんだよ」

など「あなただからこそ」というフレーズで特別感を感じてもらえるようにしましょう。

自分だけに話してくれている、自分だから頼ってくれたとなると、男性は特別感だけではなく自分が男として優れているような気分になって、ドキッとするものなのです。

謝罪よりも「ありがとう」

いますぐ、簡単にできるスーパーかわいい言動が「ありがとう」です。

日本人のいいところでもあるのですが、謙虚で奥ゆかしい故に、なにかしてもらうと、申し訳なさで感謝の言葉よりも「すみません」って謝ってしまう人が多いんです。

でも、受け手からすると謝られるよりは感謝された方が嬉しいもの。とくに男性は、女性に感謝されたい生き物なのです。

落し物を拾ってもらったとき、荷物を持ってもらったとき、予定を合わせてくれたとき……つい謝ってしまいそうなときこそ「ありがとう」と感謝を伝えてみましょう。

強がらない・執着しない嫉妬

嫉妬は女性を醜くさせてしまう感情です。しかし、かわいい嫉妬は男性をキュンとさせるのに効果的。

我慢してしまうから、爆発してヒステリックな嫉妬になってしまうのです。強がらず嫉妬を感じたときは

「〇〇ちゃんばっかりでちょっとイヤだ~(笑)」
「ちょっとやきもちなんだけど!(笑)」

と、素直に伝えるのが◎。その場で素直に伝えることで、嫉妬で悶々とすることもありません。

また、笑顔で冗談ぽく伝えるのも、男性に受け入れてもらいやすいかわいい嫉妬に見せるポイントです。

そのうえで、必死さを見せず、執着しないさっぱりした態度を見せましょう。

しつこく過去の嫉妬を蒸し返さないのも大切。ポイントを押さえれば嫉妬だって、かわいくキュンとする言動に変わるのです。

おわりに

男性の心は女性が思うよりも単純。一瞬で心を掴むことだって、コツさえわかれば難しいことではありません。

笑顔・愛嬌・素直!この3つが女性をかわいく見せるポイント。

恥ずかしがらず自信を持って。あなたのかわいさで男性の心を揺さぶっていきましょう!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)