遠距離

意外と多い遠距離恋愛。しかし、うまくいかず別れてしまうカップルも多いもの。

一方、遠距離でもいつまでも仲良しで、長続きしているカップルがいるのも事実です。

遠距離恋愛がうまくいく人と、いかない人。一体なにが違うのでしょう?

そこで今回は、遠距離がうまくいく人・いかない人の違いについて考えてみました。

遠距離

自分の時間を大切にできる人

遠距離の場合、恋愛に依存してしまい自立できない人は、重い存在となりうまくいかない可能性が高い傾向に。

自立していない女性は、距離関係なく男性からうっとうしがられやすく、恋愛が短命になりやすい特徴があります。

反対に、自分の時間を大切にしていて自立している人は、余裕を持ってお付き合いできるので遠距離でもうまくいきやすいもの。

恋愛以外の時間を充実させることは、遠距離恋愛を長続きさせるうえでも、とても大切なポイントといえます。

相手を信頼できる人

遠距離恋愛は、相手の行動が見えない時間が必然的に多くなります。したがって浮気や二股、夜遊びなど相手の行動が不安になる誘惑も多いですよね。

不安は仕方ないことですが、相手を疑ってばかりだと信頼関係が築けていないと思われてしまいますし、常に監視されているときゅうくつに思われてしまうことも……。

離れていても相手を信頼できる人は、余裕が持て相手にも信頼してもらえます。

ポジティブ思考の人

なにかとネガティブな考えの人も、遠距離恋愛を続けていくことは困難です。

そもそも遠距離恋愛は、簡単に会えない、お金がかかるなどデメリットの方が多く感じることも。

そのため、ネガティブ思考の人は、悪い部分にばかり目がいき、遠距離恋愛が辛くなってしまうのです。

辛い表情ばかりしている人とお付き合いしたい男性は、そういないでしょう。

反対に「自分の時間を充実させられる」とポジティブに捉えられる人は、楽しく恋愛ができるはず。

離れていても、相手にとって癒しの存在になれることでしょう。

答えを焦らないでいられる人

いつまで遠距離なのか、結婚することができるのか、先の未来を考えてしまうことはしかたないこと。

今が楽しくても、先が見えない関係だと、迷いや不安を感じてしまいますよね。

しかし、いつ遠距離を解消するのか、いつ結婚してくれるのかといった答えを焦ってしまうと、相手のプレッシャーとなってしまいうまくいきません。

遠距離になっている事情は人それぞれですが、結論を焦ってしまうと、相手のペースを乱してしまい関係がぎくしゃくします。

答えを焦らず、相手のペースを尊重すること。結果、遠距離恋愛からのゴールインが見えてくるはずです。

恋愛に勝ち負けを探さない人

恋愛をしていると、常に相手より優位な立場になっていないと気が済まない人も多いのではないでしょうか。

こんな人が遠距離恋愛をすると、高確率で「私の方が会いに行く回数が多い」「彼からの連絡が少ない」と不満を見せ、相手に尽くされることに強く執着してしまいます。

しかし、どっちが会いに行くか、連絡をするか?恋愛に勝ち負けも優劣もありません。

男性からすると、分かりきったことで、わーわーうるさいやつ……と思われてしまうケースも。

細かいことにこだわらない人こそ、相手と対等な愛情バランスでうまくいくのです。

おわりに

遠距離恋愛がうまくいかない人は、その原因を「遠距離で離れているから」だと思いがちです。

しかし、その根本にある原因に気付かないままでいると、近い距離でもうまくいきません。

遠距離でもうまくいく人は、どんな環境でも幸せな関係を築ける恋愛上手な人。

今回ご紹介したポイントが、少しでもあなたの幸せな恋愛に結びつけば幸いです。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)