デート

はっきりとは言えないけれど、デート中に「ちょっ……それは……」と彼がこっそり思っていることがあるようです。

積もり積もって彼の心が離れる原因になることも!?

そこで今回は「ここまではセーフ、ここからはアウト」という基準も合わせて彼の本音を調査してみました。

心当たりがあったら要注意です!

デート

公衆の面前でベタベタしないで

「手をつなぐくらいならいいけど、絡みつくほど腕を組んだり、抱きついたりしてこられるとちょっと……」「人がいるのに、不意打ちのキスとかやめてほしい」

男性からは、人前でベタベタすることに否定的な意見が多くあがりました。

「知り合いに見られると気まずい……」という意見もあるので、彼の会社近くや地元で会う時には知人に見られているかもしれない、という意識をもちましょう。

つまり、節度を保ってほしいという気持ちがあるのですね。

一方で「誰もいないところで、こっそりキスをするのも燃える」「個室で肩に頭を置かれるとキュンとくる」など、人がいないところで、ちょっぴり甘えるぶんには問題なさそう。

「ふだん外では甘えてこないからこそ、ドキドキする」といった声もあり、ギャップをうまく使えばむしろ可愛さが増す効果もあるようです。

泣くな! 怒るな! すねるな!

「泣かれると謝るしかできない」「周りからは『彼女を泣かせた彼氏』にしか見えない。俺が悪いってアピールされてるみたい……」

涙は女の武器と言いますが、公衆の面前で泣かれてしまうと男性は手も足も出なくなってしまいます。

どうしても泣いてしまいそうな時は、トイレや人が少ないところに移動して「泣かされたアピール」にならないように気をつけましょう。

「不機嫌になられると楽しくない。帰りたくなる」「ずっとすねていられると、こっちまでイライラ」

彼が大遅刻してきたりデートの計画が不十分だったりと、怒りたくなることもあるでしょう。

でも、その場で怒ったあとは、引きずらないのが鉄則! 「おわびにケーキでもおごってね!」と、水に流しちゃいましょう。

クレームの言い方考えて…

「店員が確かに悪いんだけど『店長呼んで!』と大きな声を出し始めた時は、ちょっと引いた……」

正当な内容だったとしても、周りに聞こえるような言い方をしてしまうと、彼は迷惑に感じるようです。

「店員が謝っているのにしつこく責めているのを見て、俺もこの子と結婚したらこうやって責められるのかなと思った」なんて、将来を案じたするどい男性も……。

クレームの言い方にも要注意!

「すみません」とひと言添えたり、小さな声でそっと伝えたりして、自分の要望をきちんと伝えつつ、周りへの配慮を忘れないことが大切です。

ちなみに「代わりに言って」はNGワード。嫌なことを肩代わりさせる女性だと思われてしまいます。

自分の意見は自分で伝えるようにしましょう。

おわりに

彼がなにも言わないからといって、不満がないというわけではありません。

ただ、あれもダメこれもダメというワケでなく「彼のことをきちんと配慮してくれている」という姿勢であれば、OKに変わることも。

そこを上手に線引きできれば、むしろイイ女度アップのチャンスにもなりそうです!

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)