好意を伝える

LINEは気軽にやり取りができる、とても便利なツールだけれど、その「気軽にやり取り」が難しい奥手男子が、この世には存在します。

男性の12星座別に、奥手男子でも自信がつく、女性の好意を伝えるLINEとはどういうものなのかを占います。

好意が伝われば、奥手男子も積極的になるはず!

●牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)……好意がわかりやすいLINE

空気を読み取るのが苦手な牡羊座の彼は、LINEの行間を読むとか、はっきり言って無理!

好意を伝える

「私、牡羊座くんが好きなんだ」「牡羊座くんの○○が好き」と主語・述語・目的語がはっきりした、好意がわかりやすいLINEが効果的です。

●牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)……「返事不要」と素直な気持ち

融通が利かないところがある牡牛座の彼は、基本的にLINEが苦手。返事を書くのは、特に苦手です。

「返事不要~~」を気軽なノリで最後に付けてあげつつ「また会いたいな」と、気持ちを素直に表現するといいでしょう。

●双子座(5月21日~6月21日生まれ)……特別な話し相手だとわかるLINE

たとえ恋愛には奥手でも、おしゃべりは好きな双子座の彼。

「人には言えないおもしろいネタ聞いた!」「特別に教えてあげる」と、彼があなたの特別な話し相手であることをちょいちょいアピールしたLINEが効果的でしょう。

●蟹座(6月22日~7月22日生まれ)……好意のLINEをぐいぐい送る

心の優しい蟹座の彼には「蟹座くんのここがいい、ここが好き、今度○○一緒にしたい」などと、ぐいぐい好意のLINEを送りましょう。

気が優しくてブロックできない彼だけど、誠実にあなたの好意を読み取ろうとします。

●獅子座(7月23日~8月22日生まれ)……彼がデキルと持ち上げるLINE

奥手な獅子座の彼の、見栄っ張りなところを刺激しましょう。
好意を伝える
「これ初めてだから不安で……獅子座くんはこの方面が得意だと思ったからLINEしてみたの」と、彼がデキルことを前提のLINEで持ち上げると、心を開きそう。

●乙女座(8月23日~9月22日生まれ)……あたりさわりない好意のLINE

そもそも積極的とは言えない乙女座の彼。LINEも地味な表現だったりするほうが安心します。

「乙女座くんはいい人ですよね」と、あたりさわりないところからスタート。仕事相手に配慮する時の表現でちょうどいいくらいです。

●天秤座(9月23日~10月23日生まれ)……彼の辛さをいたわるLINE

片手間に人間関係をこなせる天秤座彼なので、社交辞令的なLINEでは心を響かすことができません。

彼が今辛いと思っていることを察知し、それをいたわり共感したLINEが効果的です。手始めには、体調を気づかってみましょう。

●蠍座(10月24日~11月21日生まれ)……「あなただけ」攻撃LINE

女性好きな蠍座彼には「あなただけ」攻撃が効きます。

奥手な蠍座には遠まわしに「ちゃんと付き合ったことないの」「心から好きになった人いなくて」と、恋愛初心者をアピールしつつ「蠍座くんは特別みたい」とLINEして。

●射手座(11月22日~12月21日生まれ)……唐突なLINE

おおらかな射手座彼には、唐突なLINEが効果的。
好意を伝える
ステキな景色をパッと送って「見て!」とか、美味しそうなスウィーツ写真を送って「今度食べよ!」とか。いきおいで「いいよ!」なんていうレスをしてくる可能性も大。

●山羊座(12月22日~1月19日生まれ)……金銭的な負担のないお誘いLINE

合理的で無駄が嫌いな山羊座の彼。

もらい物の映画の券がある、社用なんだけど休日に開催のイベントがある……と、彼にもあなたにもあまり金銭的な負担のないデートを作っては、誘いまくって。お誘いLINEは数で勝負です。

●水瓶座(1月20日~2月18日生まれ)……論理的な解決法を仰ぐLINE

論理的な水瓶座の彼には、まさに今、あなたが悩んでいることを相談しましょう。

論理的な解決法を仰ぎ、とりあえずでも決着がつくまで、とことん頼ります。そして「また、頼ってもいい?」とおねだりするのが効果的。

●魚座(2月19日~3月20日生まれ)……ダメさを共有するLINE

魚座は共感力の高い星座。あなたが凹んだダメな過去(誰もがやりがちな小さなことでOK)をふっとつぶやくと「俺も……」と反応してくるでしょう。

「私たち、似てるね。合いそうじゃない?」とダメ押ししてください。

●さいごに

女性よりも想像力が少ないと言われている男性に、文字だけのLINEで好意を全部わかってもらうのは、ちょっと難しそう……女性側にも、相当の表現テクニックが必要かも。

でも、この占いがあれば大丈夫!ぜひ活用してみてください。

(馴紫月/占い師)

(愛カツ編集部)