非モテ

“良い出会いがない”というフレーズを、口グセのように発しているそこのあなた。

もしかしたら、それは出会いに恵まれないのではなく、自分から出会いを遠ざけている証拠なのかもしれません。

そこで今回は、非モテ女子がよく口にする「残念な言い訳」を男子の意見とともに3つご紹介!

自分がよく言うようなフレーズがあれば、要注意です。

非モテ

「数合わせで来ただけだから」

出会いを求める男女が知り合う場所といえば、合コンや飲み会を思い浮かべる方も多いもの。

しかし、非モテ女子たちは絶好の“出会い場”でもこんな言い訳をしてしまうようです。

「友達に誘われて参加した合コンでのこと。たまたま隣の席になった女の子と何気ない会話をしていたのですが、短い会話の中によく登場したのが“私、数合わせで来ただけだから”というフレーズ。

その割に、帰り際にはちゃっかりLINE交換の輪に入っていて、言葉と行動の矛盾に若干引いてしまいました。肉食感を隠そうとして、数合わせで来たと言い訳をしていたのかもしれませんが、正直ダサいの一言です」(28歳/美容師)

特に何を質問されたでもなく、自分から“数合わせで来た”というフレーズを出してしまうのはNG。

自爆と同じ行動なので、このような言い訳はしないよう注意しましょう。

「仕事が忙しくてさ」

時間は自分で生み出すもの。

出会いを求めているのに、良い出会いが見つからないのを“仕事のせい”にするのもNG。

非モテ女子のレッテルを貼られるきっかけとなってしまいます。

「学生時代のサークル仲間と、飲み会を開催したときのこと。学生のときから“出会いがない”という言葉を連発していた女友達と、久々に再会しました。お互いの近況報告などをしていたら、やたらと“仕事が忙しいアピール”をしてくる彼女。

どうやら、自分だけ彼氏がいないことへのささやかな抵抗をしているようで、見ていてイタかった。学生時代の印象と全く変わっておらず、非モテ女子は相変わらずな言い訳を続ける生き物なんだな……と、再確認することができました」(26歳/SE)

出会いがないことを、仕事のせいにするのはもってのほか。

自分としっかり向き合うことからはじめなければ、良い出会いを手にいれることはできません。

「私、家事とかできないからさ」

家事力ゼロをアピールすることで、彼氏ができない言い訳をするのも「非モテ女子レベル」を上げてしまうもの。

男子はそんな言い訳もしっかりチェックし、恋愛対象からは外しているようです。

「職場の同期数人で、仕事帰りに飲み会を開いていたときのこと。同期の中に彼氏と同棲をはじめた子がいたのですが、その話を聞いて、彼氏がいない子がしきりに“私、家事とかできないから絶対無理だわ~”と自虐発言を連発していたんです。

最初はネタとして盛り上がっていたものの、何度も同じような言い訳をくり返す彼女に、他の同期もだんだん冷め気味に。面白みもなくなってしまい、本気でかわいそうな子のような扱いをされていました」(30歳/生命保険会社営業)

人のことをうらやましがりながら自虐ネタをツッコむのは、絶対にNG。

まわりもフォローしきれなくなり、誰からも一歩引かれる存在になってしまいます。

非モテの自覚ありなら自分と真っ向勝負しよう

言い訳はすればするほど、イタい女に見られてしまうもの。

一度そんなふうに見られてしまえば、永遠に良い出会いなど手にすることはできません。

出会いがないと自覚しているのであれば、今の自分をまず見つめなおし、新しい自分に生まれ変わる努力をしてみましょう。

(愛カツ編集部)