一人暮らしの彼ができると、ついついやってしまいがちな行動の数々。

私がすることなんだから、彼もきっと嬉しいだろうという押し付けは絶対にNGです。

彼のすべてを見せているといっても過言ではない、彼のテリトリーに踏み込んだあと、細かい行動のひとつひとつが今後の関係を壊してしまう事もあります。

それは長い間付き合っていたとしてもおなじこと。

慣れてきても踏み込んではいけない領域、って絶対に誰にでもありますからね。

それでは一人暮らしの男性が、本命の彼女にでも意外にイラッとするポイントを見ていきましょう。

「そこ、座って」はそこ以外は座るなという意味

いくら事前に掃除してから彼女を招き入れたとしても、彼が「そこに座って」といった以外の所に座るのは実はNGです。

だれでもお客さんはここ。というマイルールが決まっていてたとえば、自分にとって一番居心地のいい場所を選んでいっていたりします。

そして違う所に座られると、自分が見せたくない部屋の角度だったりします。

なのに違う所に座ってしまうと、「大好きな彼女だからこそ、座る位置も僕の部屋の中で一番いい場所にしてあげたい」という彼の心情を踏みにじってしまう事になりかねません。

彼の家に入ったなら、彼のルールにしたがうべきです。

「その辺に座って」といわれた場合は、ちょっとモジモジしてから彼がすぐそばに座れる位置を考えて座るのがいいんじゃないでしょうか?

「彼は私の物」というアピールもNG

いわゆる、痕跡を残すのもNGです。

女性って自分が部屋に来てない時に、もし他の女が来てもこれで彼女が居ると解るだろうと思われるような、女物の歯ブラシやスキンケアなど彼の部屋に置きたがります。

「また持ってくるのが面倒くさいから」

とは言いますが、彼女がマーキングを意識しているのは彼にもバレバレです。

頻繁にお泊りするような間柄になった場合は、お泊りセットをコンパクトにまとめてから、彼に聞いてキッチンの上の戸棚の奥とか洗面台の下など、普段目につかないようなところに置かせてもらいましょう。

もちろん彼から、「もっと目立つところに置いたら?」 といって貰えれば、こんな嬉しいことはないですよね!

「カギもらって」という言葉を貰えるように

「カギが欲しい」といわれると、彼もあげたくありません。

自分のプライベートな空間を乱されると推測するからです。

自分から「カギが欲しい」といって無理にカギを貰うより、彼からカギ貰って欲しいって思われた方が絶対に嬉しいですよね!

だからこそ彼から「カギもらって!」といわれた女性は大勝利だと思いますよ!

まとめ

一人暮らしの彼って、沢山一緒にいれて仲良くなりやすいけれども、やっぱりそれだけ気を使わないとケンカにもなりやすいです。

あくまでもお客さまであり気を使う立場を忘れなければ、一人暮らしの彼とはもっともっと仲良くなれるいい境遇ですから、甘え切らず節度をもっていい関係を築いていくようにしましょう。

(只野あさみ/ライター)

(愛カツ編集部)