好きな人に対して、つい尽くしちゃう女性、多いですよね。男性はそもそも甘えん坊な面がありますし、頼られたら力になってあげたい…と思うのは自然なことかもしれません。

しかし、その度合によっては彼がどんどんダメ男になってしまう危険性も!

そこで今回は、どんなに彼のことが大事でも、してはいけない3つのことについてお話しをしていきます。

「さげまん」と言われてしまわないように、しっかりとチェックしておきましょうね。

■1、ついお金を貸してしまう

一番やってはいけないこと…それは「お金の貸し借り」です。友達には貸さないけれど、彼がどうしても困っているのならつい貸してしまうかもしれませんよね。でも、貸してしまっては彼がどんどんダメ男になってしまいます。

一度借りることが出来れば、「また困ったといえば貸してくれそう」なんて思われてしまいます。苦労してあなたが稼いだお金なのに、彼はなんとなく自分のもののような感覚になってしまうのです。

アテにされることにもなりますし、不仲になった際には金銭トラブルにまで発展してしまいます。

また、お金を借りることに抵抗が無くなってしまうのも問題です。あなた以外からもお金を借りてきてしまうリスクが高まりますし、消費者金融などに手を出されてしまってはもう人生がこじれてしまいますから注意が必要です。

■2、彼の部屋を掃除してしまう

彼の家や彼の部屋、散らかっていますか?

最近の研究では、片付け能力は子どもの頃に大分決まってしまっているんだとか。

仮にそうだとして、彼がなかなか片付け出来ないタイプだったとしても、あなたがそれを代わりに引き受けてしまっては、彼は一向に成長しません。ずっと掃除が出来ないままになってしまうのです。

言っても掃除をしない場合は、手伝ってあげるのが良いでしょう。

実際に掃除が出来ない男性は、「なにをどこに、どうしまったら綺麗になるかがわからない」なんてことを言います。一緒に考えながら掃除を行うことによって彼の掃除スキルをアップさせていくことを考えましょう。

■3、判断を下してしまう

人生において大事な判断を、自分が行わなければならないときってあると思います。

仕事のこと、プライベートなこと…。そんな大事な判断を、彼自身にさせずに自分本位で下してしまってはいませんか?

人は、自分が下した判断で間違った道に進んだとしても「自分で決めたからしょうがないや」と納得できるものです。

しかし、他人に下された判断で自分が失敗したとき「お前に決められたから…」と納得が出来なくなってしまうのです。結果、失敗を人のせいにするダメ男になってしまうというワケですね。

■おわりに

いかがでしたか?

彼のためを思ってやったことでも、結果彼の成長を阻害してしまうことになってしまう可能性があることがわかっていただけたかと思います。

彼と一緒に幸せになるためには、彼教育をしっかりと行う必要があります。間違った対応をして“さげまん”と言われないよう気を付けてみてくださいね。(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)