Hの回数を増やす

どんなにケンカをしてもエッチをすれば仲直りできることがあるように、カップルにとって体の関係はふたりの仲を円満に保つキーポイント。

それなのに、セックスレスや彼の手抜きなど、性にまつわる悩みは尽きません。

いつまでも付き合いたてのようなエッチを続ける秘訣を、成功者たちのエピソードから探ってみましょう。
Hの回数を増やす

タイミングを見て仕掛ける

「私の彼は、酔ったらエッチが面倒になるタイプ。それを知っているので、あえて飲んだらさっさと寝て翌朝アプローチします。セクシーな格好で寝ておいて、向こうより早く起きたらそっと抱きついて準備完了。たまに自分から彼のアソコを軽く触ることもありますよ」(25歳/メーカー)

この女性によると、意外と寝起きが狙い目の男性は多いんだとか。

なによりも彼のタイミングを見極めて効率よく仕掛けていることが、エッチの頻度をキープしている秘訣でしょう。

自分だけがヤル気満々でも成り立たちませんからね。惰性でなくお互いの気分が盛り上るエッチをしていれば、彼も飽きずに求め続けてくれそうです。

外泊する日を決めている

「彼と同棲をはじめて半年です。いっしょに暮らすことでかえってレスになるなんて、私には耐えられません。だから、毎月ふたりでホテルに泊まる日を決めています。別に記念日じゃなくてもいいんです。いつもと違う場所なら特別感も緊張感も味わえるので、家でするよりエッチの回数も増えますよ」(27歳/歯科衛生士)

これは、ひと晩あたりの回数を増やしたエピソードです。ホテルですることで、エッチの内容も濃厚になるんだとか。やっぱり環境を変えることは効果的なのかもしれませんね。

お互いのタイミングが合うのをただ待つのではなく、このカップルのように「この日はそういうことをする!」と決めてしまうのも気持ちを盛り上げるひとつの手です。

事前に分かっていれば、お互いに心も体も準備できるのがメリット。「ムダ毛が気になってエッチに集中できない……」という悲劇もなく、いつも美しい姿を彼に見せられそうです。

寝室の雰囲気をコロコロ変える

「シーツ・灯り・ルームフレグランスなど、しょっちゅう変えます!もとは自分の趣味ではじめたんだけど、やりはじめてから自然と彼に求められることが増えて。今では狙ってやっていますね」(26歳/銀行員)

これも、環境を新鮮に保つ手段のひとつ。「たまにはホテルに行きたいな」なんて恥ずかしくて言えない!という方は、自分の部屋でさまざまな表情を演出してみましょう。

悩む前にベストを尽して

一度セックスレスに陥ると、そこから抜け出せなくて悩む人が大勢います。エッチの回数が減ることで、彼との関係や自分自身の魅力にまで自信が持てなくなることも。

付き合いたての関係をキープしている女性たちの話を聞くと、簡単にできそうなこともたくさんありましたよ。

いろいろ策を練って、いつまでも新鮮なエッチを楽しんでくださいね。

(愛カツ編集部)