こんにちは。「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛プランナーのTETUYAです。

素敵な彼氏を探そうと、一生懸命に出会いの場に行っている女性を冷ややかな目で見ていませんか?僕は違います。

一生懸命に頑張っている女性を見ると、心から応援したくなります。なぜなら、女性も男性も恋愛における最大の需要期は、人生において、そう長くはないです。

アラフォーになった今だから余計に僕はそう感じます(笑)。だから需要期に一生懸命、出会いの場というバッターボックスに立ったほうがいいと思います。

1、整理してみました。

一生懸命、打席に立つことは大事だと言いました。ただ出来れば効率良く立ちたいものです。

なぜなら、出会いには労力が何かとかかります。ここで出会いにかかる労力を整理してみました。

まずは時間。時間は皆平等。そして、お金。もちろん、女性の方が無料で出会える機会は何かと多い。

でも出会いのための費用はかからなくても、自分の身だしなみを綺麗にしようと思うと、コスメ、ヘアー、ファッションなどには、それなりにお金はかかります。

最後にストレス。初対面の人と話す際、知らないうちにストレスを抱えることは絶対あります。

この3つの労力をあまりかけずに、一番効率のいい出会い方を考えてみました。

2、僕のオススメ

僕がオススメするのが相席ラウンジ。今や、全国各地にチェーン店を展開していたりします。

ここのメリットは、女性はほぼお金がかからないということ。あとは2人以上で基本行くので、男性の話を全部、自分が受けなくていいから、そこまでストレスも感じません。

そして、何より相性が合わなければ、スタッフにお願いしてチェンジもできる(笑)。

どうしても、クラブ、合コンだと、相性が合わなくても、ずっと同じ相手と無駄な時間を過ごさなきゃいけないこともありますからね。

3、早くゴールインしたい人は 

すぐにでも結婚したい人向けの効率のいい出会いは「お見合い」。

リアルな紹介もありますが、今はアプリだってある。

相手がただの出会いを求めているか、結婚を前提とした出会いを求めているかで、つきあった後の結婚までのスピードが大きく違ってきますからね。

4、彼氏が欲しい

ほっといても男性がドンドン寄ってくる人なんてほんの一部。(これは男も同じ)

マジョリティの女性が素敵な恋をつかむためには、ドンドン、出会いの場というバッターボックスに立つしかありません。

だから、一生懸命、出会いの場という打席に立つことは、恥ずかしいことではないです。

さらに言うなら「彼氏が欲しい」ことを周りの友達に口に出しておくことも大事。そうすることで周りの友人がいいご縁を紹介してくれることもあります。

おわりに  

今回、僕が一番伝えたかったことは、「私、彼氏が欲しいので、誰かいい人いたら紹介してください!」

これくらい一生懸命出会いの求めている人は、自然と周りも応援したくなるんです。

今まで「スマートに出会いたい」と言いながら、まだ幸せをつかめていない人は、今からでも遅くないので、一生懸命にバッターボックスに立ってみませんか?

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)