脈なし

思い切って告白しようかな?でもなかなか勇気がでない……。

相手に気持ちを伝えるのって、なかなか思うようにはいきません。

でも告白するなら彼があなたをどう思っているのか調べてからにしたほうがいいかも?

というのも、相手が出す脈ナシサインに気づいていれば、フラれて傷つかずにすみますよね。

そこで今回は、知っておいて損ナシな「気になる彼からの脈ナシサイン」を見抜く方法について解説したいと思います。

脈なし

1、あれ?目が合わない…

恋愛もののハウツーでよくあるのが「目線を合わせる」といったアドバイス。

筆者も実践経験アリですが、これができなければ恋愛に発展させるのは厳しい状況かも。

なぜなら目線が合わないのではなく、相手が合わせないようにしている可能性が高いからです。

好意のない相手には、相手がカン違いしてしまうような行動を自らとろうとはしないですよね?

女性と比べて男性はそのような線引きがハッキリしているので「目が合わない=脈ナシ」といった結論にいきついてしまうのです。

とは言えただ考えごとしていたり、目が合わせられないからこそ、男性は気になってたりするんじゃ?と考える場面もあると思います。

しかし目が合わない行動について、男性からはこんな意見が。

・「目を合わせないって分かりやすすぎる意思表示。あなたには興味がないですよってこと」(30代男性/接客)

・「女性の好意に気づくときってあるけど、ナシって思ったらけっこうあからさまな態度とるのが男。カン違いされたくないからね」(20代男性/IT)

このように恋愛対象ではないとバッサリ切り捨てるなんて男性が多数!

でも白黒はっきりしてくれた方がこちらもいさぎよく次の恋愛に進めますよね。

2、デートに誘ってもなんだかんだでかわされる

関係を深めるには、お互いのことを知るためにもデートをするのが必須です。

だけど彼を積極的に誘ってみてるのになかなかデートにこぎつけない……。

それはもしかすると、彼があなたの気持ちに気づいてあえてデートに行かないのかもしれません。

気のない相手に対してカン違いさせてしまえば、後から厄介なことになります。

できれば最初のほうで気付いてほしい!!と言う「脈ナシサイン」な可能性が高いでしょう。

何度誘ってもはぐらかされたり、スルーされてしまうのであれば、遠回しなお断りの意思が感じられます。

そこを強引に進めてしまえば、ついには彼に嫌われてしまいます。そっと身を引くのがいいかも…。

とはいえ本当に多忙な男性もいるでしょう。

自分から誘って断られているなら一旦引いて、相手がこちらに興味を持っているかを待ってみるのも良い方法かもしれないですね。

3、会話が続かない

彼とコミュニケーションを取りたくて話しかけるも、会話がはずまない。

がんばって話題を振るけどYES・NOだけで会話終了。

彼を知りたいからいろいろ話題をつくるけど、どうも相手の反応は薄い……。

そう感じるなら、相手があなたに興味がないのかもしれません。

確かに興味がない相手に何かしらのアクションを起こされても正直「そうだね~」で終わらせちゃうことってありますよね?

それって、相手とこれから友だちになりたいとか仲良くしたいって気持ちを感じていないから。

適当に受け流せばそのうち相手があきらめると思っているからかも?

また中には、あからさまに二人でいることを避けようとする男性もいます。

「この人は私に興味がないのね…」とキッパリあきらめなければならないような思いにさせられる場合も。

4、連絡がそっけない

仲良くなりたくてLINEしてるけど、いつも私からの一方通行で彼からの返信もなかなかこない……。

もともと男性って文章での連絡は苦手な人が多いんです。

だけど返信がきても「うん」とひと言だけだったり会話が次につながらない内容なら、脈ナシの可能性が高いでしょう。

気になる相手になら返信しますし、会話だって弾むはず。連絡がこない場合、あなたに連絡する必要ないと判断したんですね。

逆にあなたから連絡があっても、彼のなかで優先順位が低いなら返事をしようと思わないのでしょう。

じゃあ連絡がそっけないのは脈ナシ行動なのでしょうか?男性たちの意見を聞いてみました。

・「この子俺のこと好きなんだなと分かっていても、こちらが良いと思ってなければ返信も適当になっちゃう」(20代男性/会社員)

・「好きな子には即レスするよ?でも興味ない子に連絡返すってダルい…それなら気になる女の子に返信するかな」(20代男性/金融)

やはり男性の脈ナシ行動ってあからさまなぐらいハッキリしていますね……。

だけど、思わせぶよりはマシではないでしょうか?

5、友だちアピールが多め

思いきって「○○くんといると楽しくて~」なんて大胆な発言しちゃったかな?なんて時に彼から「わかる!俺らって最高の友だちだよな~」なんて、思わぬ友だち宣言が……。

されちゃったら、その時点で彼のなかでの私は友だち止まりなのね…なんてショックを受けることでしょう。

でも実際に脈ナシ行動として友だちアピールはおおいにあるとのこと。

なぜならそこで予防線を張ることで、ほとんどの女性があきらめてくれるからなんだそう。

だから男性は友達アピールすることで「これ以上の関係は望んでいない」という意思をやんわり女性に伝えているのです。

つらいけど…でもこれ以上の関係にはなれないとわかればこの先傷つくこともないですよね。

面と向かって振るよりも、友だちと言って間接的に断られる方が気持ちの負担が少ないときもあります。

おわりに

脈ナシ行動にもいろんなパターンがあるようですね。

「ハッキリせずにずるずるカン違いさせて、相手を傷つけたくない」と言う男性の気持ちも、分かっていただけたかと思います。

あれ、これ当てはまるな~なんて思い当たる人は、今一度彼との関係性を見直してみると良いかも!

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)