どんなに好きな女性でも、ちょっとした言動がきっかけで「百年の恋が冷めた」という体験を持つ男性は少なくありません。

でも、そのきっかけの内容を聞いてみると、案外些細なことだったりします。男性は意外とシビアな目で、女性をチェックしているようです。

今回は、女性の言動にがっかりした体験を持つ男性たちに話を聞きました。

かわいいバッグの中身が衝撃的!

「会社にすごくおしゃれで、いつもかわいいバッグを持ってる女性がいます。でも、見ちゃったんですよ。彼女がスマホを取り出すとき、バッグの中に食べかけのお菓子の空き袋がめちゃくちゃに詰め込まれてるのを。整理整頓できないんだなって、なんだかがっかりしました」(28歳/銀行)

見えるところだけきれいにしていても、ちょっとした拍子に、隠れていた部分が見えてしまうことは多いもの。しかも、ほとんどの場合、当の本人は気づいていないからこわいです。「見えないところにこそ気を配る」くらいの緊張感を持って、身だしなみに気をつけたいですね。

憧れの上司。でも食事マナーが…

「サバサバした男前な性格の女性の上司がいて、仕事もできるし憧れてました。でも仕事先で一緒に食事したとき、クチャクチャ音をたてて食べる姿を見て……ムリって思いました」(30歳/商社)

音を立てて食べたり、こぼしながら食べたりすると、周囲に不快感を与えてしまいます。その場にふさわしい振る舞いができるのが、大人というもの。食事のマナーには特に気をつけたいですね。

大人の言葉使いができない彼女

「休日に上司が『みんなでBBQするから彼女も連れておいで』と言ってくれたので、一緒に行きました。そこで彼女は『私のお父さんは会社員で、お母さんは専業主婦です』という感じで、会話の間ずっと身内に「さん」付け……。そこは『父』『母』だろ!と心の中で思わずつっこみました」(35歳/金融)

言葉使いには、その人の内面や知的レベルが現れます。そのためちょっとした一言で、幼さや見識のなさがバレてしまいがち。でも基本的な敬語なら、自分で意識していればちゃんと直していくことができますよ。

ファミレスの店員さんにネチネチ…

「彼女と行ったファミレスが混雑してて、なかなか料理が届かなかったことがありました。それでも彼女は終始笑顔で「料理おいしいね」と食事を楽しんでいたので、いい子だなと思っていたのですが……。

その後僕がたまたま席を立ったとき、彼女が店員さんに『この店、遅いですよね』って嫌味を言ってるのを見てしまったんです。彼女は僕が後ろから戻ってきていることに気づいていなかったようで、そのまま店員さんを何度も謝らせていて。僕の前とは全く違う態度の彼女にドン引きしました……」(25歳/物流)

レストランの店員さんなど、見ず知らずの人への態度は、その人の性格が露骨に出ますよね。

他人に丁寧に接することができる人は、それだけでポイントが高くなります。そういった姿は意外と周りに見られているもの。彼の前だけでなく、普段からいつでも周囲に気配りができるような女性を目指してくださいね。

ちょっとした言葉使いや振る舞いに気をつけて!

女性のささいな言動がきっかけで、がっかりした体験を持つ男性の声を紹介しました。

身だしなみも言葉使いも、大切なのは、相手や周囲に対する想像力。「周りからどう思われるか」を考えられる人や、相手の気持ちをくみ取る努力ができる人は、女性としてだけでなく人としても魅力的です。

自分の日常的な言動を、もう一度見直してみてくださいね。

(愛カツ編集部)