ドタキャンされるLINE

気になる男性と、LINEのやり取りからデートにつなげることは多いと思います。

一方で、気軽にLINEで誘えてしまえる分、ドタキャン率も上昇しているようです。

せっかく楽しみにしていたデートが、直前にキャンセルになってしまうとガッカリしますよね。

もちろん悪いのはドタキャンする方なのですが、もしかしたら、あなたのお誘いLINEが男性にとって「ドタキャンしたくなる」「先延ばししたくなる」内容なのかも。

今回は、男性がついつい「ドタキャンしてもまあいいかな〜」と思ってしまうようなデートのお誘いLINEを3パターンご紹介します。

やたらドタキャンされるなーと思っている方は、こんなLINEを送っていませんか?

ドタキャンされるLINE

ダメLINEその1:緊急度・重要度が低い内容

残念LINE

「(スイーツなどの写真を添付して)これおいしそう! 行ってみたい!」

「◯◯くん、XX日って空いてるかな? 一緒に観たい映画があって。△△が出てるし、とても面白そう」

「(アトラクションのニュースのリンクなども入れて)ここ面白そう! 一緒に行ってみようよ」

一見ありがちなやりとりですが、このようなメッセージは男性がついドタキャン、先延ばししたくなる内容なのです。

いわゆる、「お〜いこいこ!」という感じで、「ノリでOK」しやすいメッセージですね。その場のノリでOKした分、ドタキャンされ率はかなり高くなるでしょう。

男性は“緊急度と重要度”という2つのバランスで、仕事などの優先順位を考える癖がついています。

このようなメッセージでは、「重要なのかも、緊急なのかも分からず、単に行きたい」ということ以外伝わりません。

彼にとって別のお誘いの方が魅力的であれば、先延ばしされますし、前日飲み会で飲み過ぎた場合などは体調不良でドタキャンといった流れになりやすいでしょう。

こういう場合は、緊急度や重要度を男性に感じさせるような表現を、一緒に行きたい理由とからめて具体的に追加するだけで、ドタキャンされ率はかなり低くなります。

正解はこんな感じ。

正解LINE

「(スイーツなどの写真を添付して)すごい美味しそう! 行ってみたい! 東京にはじめて出店されたみたい。オープン記念は無料特典もあるみたいだから、たくさん食べれそう(笑)一緒にたくさん写真とってインスタにあげたら楽しいと思うから、早めに行こうよ」

「◯◯くん、XX日って空いてるかな? 一緒に観たい映画があって。X月X日~X月X日だとスペシャル特典もついてすごく面白そう。後半はかなり混んじゃうからゆったり2人で前半のX月X日週当たりに一緒に行きませんか。ニュースでも取り上げられてるね!」

「(アトラクションのニュースのリンクなども入れて)ここ面白そう! 一緒に行ってみようよ。でも、X月にはこのアトラクション終わっちゃうみたい。終わる前に一緒にぜひ行きたいな。X月X週当たりはどうかな? 最終週だからすごい盛り上がってると思うから一緒に楽しみたいな」

今までなんとなく「行きたい! 行こう!」とだけ送っていた方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ダメLINE② 先すぎる予定の上に、フォローなし

先延ばしされるLINE

「◯◯くん、XX日って空いてるかな? 2か月くらい先になるんだけど、一緒にミュージカル観に行きたい」

このようにかなり先の予定で約束をしてしまい、その後直前までフォローが無い場合は、残念ながらドタキャンされてしまう可能性が高くなります。

「え!? ずっと前から言っていたのに」と思うのは、誘った側の言い分。誘われた側は、「そんな先の予定なんだったら、まあ、いっか」くらいの軽い気持ちでOKの返事をしていることが多いのです。

そして、その後もっと魅力的なものや緊急度が高いお誘いがあれば、そちらを優先してしまいます。

こういう場合は、なぜそんなに先の予定を、今から約束として確保しておきたいのか、理由をしっかり示してあげましょう!

そうすることで、男性もそれを踏まえた返信になりますので、ドタキャンしずらくなります。正解はこれ。

正解LINE

「◯◯くん、XX日って空いてるかな? すごく人気の高いミュージカルのチケットが2か月先なんだけどやっと取れたんだ。本当に人気ですごい評価も高いからすぐ満席になっちゃうみたい。今回運よく取れたから、XXくんとぜひ一緒に行きたいです。

少し先の予定になっちゃうけど、本当に貴重な機会だと思っているから、予定確認してみてね。どんなミュージカルか今度のデートで少し調べていくから、一緒にいろいろ話しましょう。今からわくわくしています」

どうしてそんなに先の約束を今したいのか。具体的な理由を説明してあげてくださいね!

ダメLINE③ 相手に意見を求めて押し通すスタンス

怖いLINE

「私としては、平日のどこかで一日と、週末も一日会うって形が安心かなって。どう思う?」

「今度◯◯に行くって、とっても良いアイデアじゃない?」

「私、◯◯に行きたいんだー。一緒にいくよね? 予定調整できるかな?」

こういった相手に意見を求める、しかも、なぜ求めているのかさっぱり分からない、しかもなんか自己中……とも思える、そういうメッセージはドタキャンがされやすくなります。

男性としては、「重たい」と感じてしまい、そもそもお断りされるか、OKだったとしてもあまり気乗りしていませんので、何らかしら理由を見つけて先延ばしやキャンセルをしようと作戦を練り始めます。

理解しておきたいポイントは、「重たい、なんとなく今断ったら危険なんじゃないか」という雰囲気を男性が察知すると「一旦OKして問題先延ばし」にすることが多いということです。

こういう場合は、トーンダウンさせて、やわらかな感じにすることで、ドタキャンされ率を下げることができます。こんな感じで送ってみましょう。

正解LINE

「知り合ったばかりだから、少し頻繁に会うようにしたいな。その方がお互いのことも分かると思うし。もちろん忙しい時期は無理しない範囲で。どうかなあ?」

「すごくおもしろそうで盛り上がるデートスポットを友達に教えてもらったよ。今度一緒に行ってみたいな。リンク送るから見てみてね。楽しそうじゃない?」

「実はずっと行ってみたかったところがあるんだよね。土日より平日が空いてて、ゆったり過ごせるみたい。X月X日の午前中、お休み取って一緒に行ってみたいなあ。お仕事あると思うけど、調整できそうかな? 私はたぶん大丈夫だから、無理しない範囲で確認してみてね」

無理やり相手に意見を求めて、押し通そうとしちゃダメ。「あなたと一緒にいたいから」「一緒に行きたいから」という気持ちが伝わるようなニュアンスで送ってみてくださいね。

LINEを見直してデートにつなげよう

せっかく楽しみにしていたデートがキャンセルされないように、ぜひ今回のヒントを参考にLINEメッセージを工夫してみてくださいね。

なお、当日ドタキャンが続くような男性はそもそもあなたを恋愛対象としてみていない可能性もありますので、今回のヒントとは別に関係を見直した方が良いでしょう。

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)