重いLINE

気軽にコミュニケーションをとることができるLINE。

便利な反面、自分でも気づかないうちに、重い内容のメッセージを送っていませんか?

そこで今回は、男性がもう勘弁してほしい…と感じている重いLINEのメッセージを4つご紹介します。

こんな内容のメッセージを送っていないか、ちょっと見直してみましょう!

重いLINE

「しつこい」メッセージ

返信が返ってきていないのに、次から次にメッセージを送っていませんか?

LINEは会話のキャッチボールをするための道具なのに、一方的にメッセージを送りつづけたりしたら、彼にうんざりされるのも当然ですね。

スマホを見たときに、LINEのメッセージの未読の数が何十件にもなっていたら、「うわ~また来ている…。」ともう溜息しか出ませんね…。

それに「今、忙しいからあとで返事をしよう。」と思っていたのに、「なんで既読スルーして返事しないの?」なんて次から次に来たら、もう怖すぎます。

大好きな彼の返事が待ちきれないのは分かりますが、その気持ちをぐっとこらえて返事を待った方がいいですよ。

「長文」のメッセージ

LINEは短いメッセージのやりとりが向いているので、長文のメッセージが送られてくるとそれだけで重く感じます。

男性の中にはスクロールして読み続けるのも面倒に感じて、長文のメッセージばかり送ってくる女性にうんざりしてしまうことも。

大好きな彼と話したいことが沢山あることは分かりますが、長文のメッセージばかり送ってしまうと読むのも疲れるので、ほどほどの分量を意識してメッセージを送った方がいいですよ。

「重い」内容のメッセージ

「私のこと、どう思っているの?」や「私と結婚する気はあるの?」など、真面目に返答しないといけない重いメッセージを頻繁に送っていませんか?

他にも悩み相談など重い内容を送ることもあると思いますが、それもたまにならいいのですが、頻繁に送られてくると男性もうんざりしてしまいます。

返事に悩む、返事を真剣に考えないといけないメッセージが次から次に送られてきたら、彼も疲れてしまいますよね。

なので、LINEのメッセージを送る時は、送られた側がどう感じるか、というのを頭の片隅に入れて送ると、よりスムーズなやりとりができますよ。

「SNS」に関するメッセージ

彼のInstagramやFacebookで見た内容について、そのたびにLINEのメッセージを送ったりしていませんか?

メッセージが送られてくる彼からしたら、探偵に調べられているような気持になって嫌な気分になりますよね。

さらにエスカレートすると、自分のことを監視されている気持ちになって、もはやストーカーに追いかけられているようなプレッシャーすら感じます。

大好きな彼のSNSを見たいのは分かりますが、いちいち投稿に反応してメッセージを送るのはやめましょうね。

おわりに

LINEで彼がうんざりするようなメッセージばかり送っていると、彼もあなたからどんどん離れてしまうでしょう。

大好きな彼だからこそ、自分の気持ちが暴走しないように注意して、LINEのメッセージを送りましょうね。

(愛カツ編集部)