おかん

女子の魅力は可愛さ、美しさのほかにも「母性」も大きなキーになります。

「男は全員、一生マザコン」なんて説もありますね。男性にとって、母性からくる癒しはとても魅力的なはず。

しかし、彼に対する接し方を間違えると母性が「オカン」に思われてしまうケースも。

どれだけ大好きでも、母親に恋はできません。

今回は「恋人」と「オカン」の違いを探ってみました。

おかん

「手料理+小言」のセット

忙しい毎日を送っている彼だから、会った時くらいは体にやさしい料理を食べさせてあげたい。そんな気持ちもわかります。

でも、体に良くてもおいしくても、これ見よがしに玄米や野菜中心の茶色い料理を「いつもろくでもないもの食べてるんでしょう」的な小言と一緒に出すのはNG。

女性らしい気遣いより「口うるさい母ちゃん」を感じさせてしまいます。

年下男子が適当な生活をしているように見えて、尽くしてあげたくなる年上女子も多いと思います。

でも頼まれてもいないのに食生活を管理したがるのは、迷惑がられる確率が高いですよ。

冷蔵庫の中身チェック

彼の家で、勝手に冷蔵庫を開けて「も~、缶ビールしか入ってない!あれもこれも、賞味期限切れてるよ!」などとチェックしていませんか?

この行動は「口うるささ」と「嫁でもないのに干渉しすぎ」という2点で、彼に大きな反感を抱かせます。

彼のホームである自宅なのに、冷蔵庫の中身まで口出しされると「こいつを家に上げるとくつろげない」と判断され、オカン扱い以前に本命からの脱落もあり得ます。

度を越したきれい好きアピール

きれい好きはいいことです。きれい好きな女子を好きな男性も多いです。

でも、それ以上に男性が「空気読んでよ」と思うシーンもあるようです。

どちらかの家で食事しながら飲んで、何となくいい雰囲気に……。

そんな時、彼に「おいで」と言われても「先にお皿洗わないと!」とバッサリ断ってませんか?

あげく「排水溝とかそうじしてる?私、汚い水回りマジ無理」などと自己主張していませんか?

まったくもって正論なのですが、年下男子がおうちデートで期待しているのは彼女の掃除スキルではありません。

掃除するなら甘いムードをじゃましないよう、こっそりと。究極、あなたがやったと気づかれなくてもいいのです。

>>【年下彼氏に愛されるために】年下彼氏がほしい人必見!年下彼氏の攻略マニュアル!

貯金してるかチェック

お金目当てでなくても、恋人の預金額を気にする女子は案外多いようです。

「30歳のなのに、貯金100万しかないんだって!結婚する気あるのかな?何に使ってるんだろう」などとグチっている女子を見かけることもあります。

ですが、これも年下男子に言わせれば余計なお世話以外の何物でもありません。

彼が趣味にお金をかけるのを無駄遣い呼ばわりしたり、「貯金しないなんて将来の事考えたことないんでしょう」など責め立てるのはNG。

彼のお金はあなたのお金ではありません。

気を配るなら「距離感」を大事に

彼女の干渉が度を越した時、「恋人」から「口うるさいオバちゃん」に彼女を格下げする男子は多いよう。

「女らしい気配り」のつもりが「彼を萎えさせる干渉」になっていないか、振り返ってみたいですね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)