男性がスッと近づきやすくなる「隙の作り方」

「隙がある女性はモテる」などと言われたりしますが、どうすれば隙が作れるのかはあまりよくわからないものですよね。

まずは、男性が「親しみやすい女性」になることを心がけると、自然と隙も生まれてくるでしょう。

男性がスッと近づきやすくなる「隙の作り方」

そこで今回は、男性がスッと近づきやすくなる「隙の作り方」を紹介します。

「距離感」を近づける

好きな男性や気になっている男性の前では、緊張してドキドキもするでしょうから、あえてちょっと離れちゃったりするかも。

でも、それが「俺のこと嫌いなのかな?」と、男性に誤解を与える原因になったりもしかねません。

逆に、グッと距離感を近づけると、男性はドキッとするのはもちろん、自分に心を許してくれているような感覚にもなるもの。

必要以上にずっとくっついていたりしたら鬱陶しく思われるだけですが、ときには思いきって近づいてみると、親近感も抱いてもらいやすいですよ。

軽く「ボケたりする」

会話中にイジったりイジられたりするような関係性になれたら、男性も自然と話しかけやすくもなるもの。

また、会話をしていて楽しい女性でもあるでしょうから、「もっと話していたい」とか「また話したい」とも感じてもらえるでしょう。

いつまでも堅い話し方をするのではなく、たまには軽くボケたりしてみると、一気に「隙」を生み出すこともできるはず。

ただ、自虐ネタや下ネタを言いすぎたりすると、「女」として見てもらえなくなる危険性があるので、それだけは十分に注意してくださいね。

ときには男性に「頼る」

何でも自分ひとりでできてしまうような女性は、男性からすると完璧すぎて全く付け入る隙がありません。

だからこそ、男性に「適度に頼る」のは、「隙」を感じさせるうえでは最も効果的とも言える方法です。

何か困ったことがあったときに、自分のことを頼ってきてくれる女性は慕ってくれているような感じもするので、他の女性よりも可愛らしく思えたりもするもの。

そうなれば、ふたりの関係性や信頼なども自然と深まっていくので、距離だってどんどん縮まっていくことでしょう。

「誘い水」をかけてみる

気になる女性がいても、ある程度の確証のようなものが持てないと、なかなか男性は誘い出す勇気が出ないもの。

なので、女性の方から「誘い水」をかけてあげると、一気に男性が誘いやすくなる「隙」も生まれてくるでしょう。

「たまには飲みに連れて行ってくださいよ」とか「今度あのお店、行ってみません?」なんて、会話の流れの中で軽く言ってみたりするといいかも。

とにかく「誘ってもいいんだ」とか「誘ったらOKしてくれそう」と思わせることができると、男性も自然と声がかけやすくなるはずですよ。

おわりに

付け入る隙があまりにもない女性には、男性は声をかける勇気が出ないもの。

なので、女性の方から「親近感」を与えてあげることも、恋愛においては大事なポイントですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)