返信が遅い

彼氏のLINEの返信が遅いと、イライラしますか?それとも不安になりますか?たしかに、返信は早いほうが嬉しいですよね。

でも、返信を求めるあまり、本当にほしいものを見失っている可能性も……!?

LINEの返信が遅いと悩んでいるのであれば、いま一度考え直してみましょう。

返信が遅い

LINEの頻度を彼に合わせる

LINEはもはや、会話といっても過言ではないツールかもしれません。でも、それならなおのこと、会話のペースについて考えてみる必要があります。もし、ゆっくり話す人が相手なら、早口でまくしたてるような話し方はしないのではないでしょうか?

実際の会話でも、人によってペースがあります。それはLINEでも同じこと。返信のタイミングや、LINEをする頻度も、人によってどれくらいがちょうどいいのかが変わってきます。彼氏には彼氏の「LINEのペース」があるわけです。

もし、LINEの返信が遅い! と感じているなら、彼氏が遅いのではなく、自分が求めすぎているのかもしれない、と考えてみませんか?

返信をせかすあまり、自分の気持ちを受け取ったり、真剣に考えて答えてくれなくなったりしたら……。それは、本末転倒ですからね。

こんなの初めてとかわいく伝える

返信が遅いと思うのは、今日が初めてではないかもしれません。もう何度もそう感じてきて「また、今日も既読無視!」と思っていたとしても「初めて」として伝えることで、ウザいと感じられるのを防げます。

「なんか今日は、早く返事欲しいって思っちゃった」「なんでだろ…、今日はずっと○○くんからの返事待ってた気がする」と伝えてみてはいかがでしょう?

かわいく「初めて」として伝えることで、彼に「新鮮さ」と「いじらしさ」として伝えることができます。数日の間は、早めに返信してくれるかもしれません。

そのうえで、焦らずほどほどのペースで返信していけば、きっと、やりとりのペースを少しアップできるはずです。

「早く返事して!」は封印

早くしてほしいときほど、待っている時間を長く感じるもの。でも、彼の返事を待っているときに「早く返事してよ!」と言うのはNG。返事を催促するような言葉は、どれも封印してしまいましょう。

「早く返事して!」と言ったところで、彼が返事を返せない状況なら、ただのストレスにしかなりません。

仮に、早く返事が来たところで、それは彼が自発的にしたのではなく、あなたが強制的にさせたようなもの……。返信通知が来た一瞬は嬉しいかもしれませんが、嬉しいよりむなしい気持ちになってしまうと思いませんか?

本当に求めていることは、彼自身に「早く返事をしたい」と思ってもらうこと。そして、そう思われる彼女になりたいと、思っているのではないでしょうか? 目の前の「早い返信」に囚われて、本質を見失わないように。

根本をきちんと理解すれば「早く返信して!」と催促するのではなく「早く返信したい彼女」を意識するようになれるはずです。

おわりに

素直なことは大切ですが、彼が返信してくれるようになるためには「賢く待つ」ことも必要な要素。

日頃から、面倒くさいと思われるような言動がないかも振り返って、LINEでの会話が楽しみになるような関係を築いていきましょう!

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)