簡単テク

男性であれば、みんな少なからずあるのが下心。

下心満載な遊び人には注意ですが、気になる男性ならばあえて下心を刺激するのも、オトナ女子のテクニック。

そこで今回は、LINEで簡単にできる「男性をムラムラさせちゃうテク」をご紹介。

ドキドキLINEで、求められる女性を目指しませんか?

簡単テク

水着や下着を想像させる話題提供

LINEでドキッとさせられるテクの中でも、効果抜群なのがこれ。やり取りのなかで

「昨日プールに行ってきたんだ!」「今度、友達と温泉旅行に行くよ!」

といった話題を振っていきましょう。

あなたの水着や下着姿を連想させる話題を提供をすることで、男性の中にある下心を刺激できます。

もし、彼が写真を送ってと言ってきたら、あなたを女性として見ている証拠。

ここは、簡単に送らず焦らして、追いかけたい気持ちにさせていきましょう。

水着の場合には、全身写真を送るより、肩ひもや鎖骨が見えるくらいのチラリズム写真のほうが、妄想力を刺激できます。

また、写真を送ってと言わないからといって、脈ナシというわけではありません。

アレコレ想像してもらうことができれば、それだけでOK!タイミングを見て連想ワードを送っていきましょう。

LINEの会話はシンデレラタイムに

男性をムラムラさせるには、時間も重要な要素。夜は1日の出来事がひと段落して朝や昼よりもHな気分になりやすい時間帯です。

だからこそ、好きな人とLINEするなら、日付が変わりそうな0時付近のシンデレラタイムがおすすめ。

あとは寝るだけの状態だからこそ、お互いゆったりとした気持ちでやり取りを楽しめるんです。

素直な気持ちになりやすいのもこの時間です。

ただし、深夜は生活が不規則な女性と思われたり、彼が眠ったりしてしまう可能性も……。

23時〜24時と、遅すぎない時間がおすすめです。

ちょいエロ会話は映画話から

異性・恋愛対象として意識させるには、ちょいエロ会話が効果的。

ただし、ストレートすぎる話題は、性欲満々の軽い女性と思われてしまいかねません。

本命女性として意識させるためにも、さり気なくHな話題に持っていきましょう。

自然な流れで、イメージを壊さずにちょいエロ会話に持っていきたいのであれば、映画の話題が使えます。

「この間、〇〇〇観てきたんだ!」

と、R18作品やベッドシーンがあるラブストーリーの映画の話題を振ってみましょう。

映画の内容からHな話題にも持っていけますし、彼にHなことを連想させるのにも◎。

ここで恥ずかしさを見せてしまうと、Hなことを意識しすぎている印象に!

動揺を見せず、さらりと流してオトナの余裕で対応していきましょう。

LINEした翌朝に会話の続きを

もし夜に彼ときわどい会話や、ちょっとHな会話をしたなら翌朝のLINEも大切です。

眠ることで一度ムードがリセットされるからこそ、朝から

「昨日はよく寝れた? 〇〇くんが変なこと言うから寝れなかったよ(笑)」

といったLINEをしてみましょう。

昨夜のLINEの内容を思い出させてムラムラさせるだけでなく、あなた自身もドキドキしていることをアピールすることで、よりその気にさせることができます。

ガツガツした女性は嫌いでも、男性は程よくHな雰囲気のある女が好きなのです。

おわりに

Hな話題に抵抗がある方もいるかもしれませんが、Hな気分にできる女性のほうが、男性を引き寄せられるもの。

あからさまな単語を出す必要はないので、どんどん、Hなことを連想させていきましょう。

彼のムラムラがいずれ、あなたを「本当に手に入れたい」という気持ちに変わっていくはずです。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)