男が本気で「付き合いたい」と感じる瞬間

男性がどういったときに、「この子と付き合いたい」と強く感じるのかは、女性としては最も知りたいことでもあるでしょう。

そのポイントがわかることができれば、気になる男性との関係性を発展させることもできるかもしれません。

男が本気で「付き合いたい」と感じる瞬間

そこで今回は、男が本気で「付き合いたい」と感じる瞬間を紹介します。

陰ながら「支えてくれた」

自分のことを陰ながら支えてくれたり、さりげなくフォローしてくれるような女性。

これは多くの男性が考える“理想の彼女像”とも言えるものです。

だからこそ、自分が困っているときや大変な状況にあるときに、陰ながらサッと手を貸してくれる女性には、男性は心をつかまれるもの。

しかも、そこに「私がやってあげている」というような自己主張感が全くないと、さらに男性の心を強く打つので、「こんな子が彼女だったらな」とも感じることでしょう。

「一緒にいる」のが当たり前になってきた

ふたりでいることが多くなり、なんとなくいつも一緒にいるようになったら、もちろん居心地の良さも感じるようになるでしょう。

自分の隣にいるのが当たり前のような感じがしてきたら、「彼女になってほしい」という思いも芽生えてくるはずです。

なので、気になる男性とは、少しでも2人きりになれるような時間を作る努力をした方がいいです。

飲み会では隣に座ったり、一緒に帰るようにしたりなど、できるだけ近くにいることができれば、男性もあなたのことを意識せずにはいられなくなりますよ。

「ライバル」が現れた

仲良くしていた女性が他の男性と楽しそうにしているのを見て、嫉妬のような感情が起こったときには、恋愛としての意識も一気に高まるもの。

「取られたくない」という気持ちを感じることで、「この子を俺の彼女にしたい」という思いが抑えきれなくなるのでしょう。

仲良くはしているものの、なかなか恋愛関係にまでは発展しないような状況が続いているときは、嫉妬心をあおってみるのもひとつの手。

ただ、やりすぎると逆効果になるので、ちょっと他の男性とも親しそうにしてみる程度にはしておいた方がいいですよ。

「俺がいなきゃな」と感じた

「この子には俺がいなきゃダメだな」と感じたときに、「この子と付き合いたい」という思いにつながっていくという男性も少なくないです。

「俺が守る」という気持ちが芽生えることで、もうすでに彼女として意識しちゃっていたりもするのかも。

そのためにも、適度に男性に頼ってみたり、弱さを見せてみたりすると、男性は「何とかしてあげよう」と思ってくれるはず。

自分にだけ見せてくれる弱さや甘えに男性はものすごく弱いので、その特別感を与えることは大事ですよ。

おわりに

一緒にいることの大事さを実感したときに、男性は「彼女になってほしい」とも強く感じるもの。

そう思ってもらえるような行動を少しずつでも意識してみると、ふたりの関係性に変化も訪れやすいでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)