愛されてる

男性って、どんな瞬間に「俺って愛されてるなぁ」って感じると思いますか?

「愛してる」って言われたとき?優しくされたとき?

いえいえ、そんなに単純なものではないみたいですよ。

今回は、男性が「彼女に愛されてる!」「こんなに愛されて、自分は幸せ者だな……」と感じる瞬間を聞いてみました。

愛されてる

怒られたとき

「仕事でとんでもないミスをしてしまいました。すっかりヘコんでしまってついつい彼女に『もう、みんなに合わす顔が無いよ。このまま仕事やめちゃおっかな……』ってもらしてしまったんです。

すると彼女がめちゃくちゃ怒って『そんなことで逃げ出すなんて、見そこなった』って言われたんです。ほんと今までにないくらいの怒りようで……。でも、それだけ俺のこと愛してくれてるから、はっぱをかけてくれてるんだなって実感しました」(29歳/住宅メーカー勤務)

自分が間違った考えをしていたり、間違った道を進もうとしたときにしっかりと叱ってくれる……。

そんな彼女を持つ彼氏は「俺って愛されてる」って実感するようです。

何でもかんでも彼の意見に従順でいることが愛している証拠ではないのです。

泣かれたとき

「普段からクールで、あまり『好き』とか言ってくれない彼女。僕のこと、本気で好きなのかどうか不安になったので、ついつい出来心でコンパに。でも、そのことが彼女にバレちゃって……。

すると、意外なことに彼女、号泣したんです。そのときに、『あぁ、僕はちゃんと彼女に愛されているんだな』って思いましたね」(30歳/公務員)

彼の言動が原因で涙する彼女……。

そんな彼女の姿をみたとき、彼は「あぁ、この子は俺のことで心を痛めてくれるんだ」なんて感動を覚え、愛されている実感が込み上げるようです。

悲しいときや辛いときは、我慢せず涙を流して訴えましょう。きっと彼の心は揺さぶられるはずです。

匂われたとき

最後に意外(?)なエピソードをひとつ。

「彼女、僕のオナラの匂いを匂うんです。『なんかいい匂い』とか言って。

『いや、臭いだろ!』って言っても『あなたのは臭くない』って。これって、愛されている、って証拠ですよね(笑)」(29歳/IT関係)

彼の汗の匂い、トイレの後の匂い、体臭……好きな人の匂いはなんでも「いい匂い」に早変わり。

たとえ彼がくさ~いオナラをしても、嫌な顔をせずにニッコリ……。

そんな彼女の態度に「愛されてる~」と感じる男性もいるのだとか。

でも、それって、単なるフェチなだけのような気がしないでもないのですが……(苦笑)。

意外なことで愛を感じる?

「え?そんなことで愛を感じるの??」なんて思わずびっくりしてしまいそうな意外な瞬間をピックアップしてみました。

改めて見返してみると、どうやら男性は、彼女が「本能で行動する瞬間」に愛を感じるみたい。

たまには、感情のおもむくままに行動してみてもいいかも?

(愛カツ編集部)