SE

あなたは“SE男子”というフレーズを知っていますか?これはシステムエンジニアの仕事に携わっている男性のことを指します。

実はこのSE男子、恋愛においてはかなり難しいタイプの性格であるとされています。そんなSE男子を好きになったら、どうアタックすれば良いのでしょう。

そこで今回は「SE男子に効果的なアプローチ方法」を4つご紹介いたします。

SE

会話は「彼の趣味」について掘り下げて

SE男子は基本的に、草食系で恋に受け身である傾向にあります。そのため、会話するときはまず「彼の趣味」を聞いてあげましょう。

会話下手な彼にとって、話の内容が自分の親しみやすいテーマだと、積極的に関わりたいという思いが強くなります。これは心理学的に“文脈効果”と言われ、何気ない会話で相手の興味を惹き、徐々に恋愛対象として意識させるのに有効な手段です。

受身の男性を恋に引き込むには、相手の興味分野から切り出すのが良いのです。

彼の性格を適当に指摘してあげることで信頼を得る

SE男子は、親しくなってもなかなか心を開いてくれません。距離を縮めるには、信頼関係を築くことが大切です。

心理学には“バーナム効果”というものがあり、自分の性格を言い当てられると「自分をわかってくれている!」と錯覚し、相手に信頼を寄せる傾向があるのです。

そこでオススメしたいのが「性格占い」。たとえば「いつもは大人しいけれど、好きなことになると情熱的だよね」など、彼の性格を端的に伝えてみましょう。

万人に当てはまりそうなことでOK。彼は孤独で、本当は自分の理解者が欲しいため、つい気を許してしまうはずです。

自分の短所を隠さずにちゃんと伝える

SE男子と「このままいけば付き合えるかも……!」という段階で彼に好かれるには、自分の長所ではなく「あなたの短所」を話しましょう。

SE男子は思慮深く理論派であることが多いため、良いところばかりを強調されると「本当なんだろうか?」と疑ってしまう恐れが。

そのため、自分の短所を先に示した上で、それを差し引いてもこんなにいいところもあると伝えると、より信頼してくれるようになるのです。

「長所と短所の両面」を提示することは、心理学において“両面提示”と言い、気難しい相手に好意を持ってもらうためのテクニックなのです。

最終手段は「他にいっちゃうから」戦法

どんなに頑張っても、なかなか落ちないSE男子もいることでしょう。そんなときに効果的なのが「選択できなくなる恐れ」を植えつけることです。

ネガティブな要素で相手に訴えることを、心理学では“ネガティブフレーム”と言います。SE男子のように消極的な人は、ポジティブな主張よりもネガティブな主張のほうに耳を傾けやすいのです。

たとえば「今、ある人に告白されて……」と告げ、他の人のところへ行っちゃうかもと彼を煽(あお)ることで、彼に重い腰を上げさせてみましょう。あなたに気があるなら、焦って何かしらのアクションを起こすはず。

おわりに

SE男子は、その職業ゆえに普通の男子とは異なった感覚を持っていると言えます。

激務に加えて、閉鎖的な環境であるため、人間関係も視野も狭くなりがち。一方で、経済力は持っているのにそれを使う時間がないというアンバランスさがあります。

そのため、一般女子からは敬遠される要素があるのですが、実はアプローチできれば大人しいけど、意外と賢くて一途なタイプ。

落とすまでが大変なんですけどね……。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)