出会いが欲しい人

出会いというものにはさまざまなものがあります。友人から紹介されることだって、出会いの一つ。

合コンをセッティングしてくれたり、特定の異性を紹介してくれたりと友人から人脈が広がることもめずらしくありません。

しかし、出会いが欲しいと言えばすぐ紹介してもらえるというわけではありませんよね。

男性からみて「この人ならいい男を紹介したい」と思える女性には、特徴があるんです。

出会いが欲しい人

1:誘いを断らない

誘いを断らない女性というのは男性から紹介されやすい人といえるでしょう。

「出会いがなさそうだから」と飲み会の誘いを断っていませんか?

それが毎回続くと、いずれ誘いがかからなくなってしまいます。

一度ノリの悪い女性という印象がついてしまうと、それを払拭することは難しいようですね。

また、ノリの悪い人よりもノリのいい人の方が友人に紹介したくなるもの。

実は飲み会を断るということはその次のチャンスも棒に振っていることがあるのです。

2:感情を顔に出さない

感情を顔に出さない人も男性からすると友人に紹介したくなる女性といえるでしょう。

この感情という部分はネガティブな感情を示します。楽しい、嬉しいといった感情はどんどん表情や態度に出していきましょう。

しかし、ネガティブな感情も顔に出してしまうと裏表のある人という印象になってしまいます。

たとえつまらない飲み会になってしまったとしても楽しい飲み会になるように盛り上げようとしてみてください。

そうすることで、「もっといい人を紹介してあげよう」と思ってもらえることでしょう。

3:グチやゴシップを言わない

ネガティブな感情を顔に出さないという特徴と似ていますが、グチやゴシップを言わないという意識も大切です。

女性の中にはドロドロとした人間関係をつくってしまう人がいると思います。

でも、そういった人間関係が怖いと感じている男性は少なくありません。

職場の男性のゴシップを言っていたり、本当かどうか分からない陰口で盛り上がっていたりすると、その情報が男性の耳に入ってくることがあります。

やはりそういった人には友人を紹介してあげようという気にならない人が多いでしょう。

4:紹介してくれたことに感謝できる

時々、友人を紹介したり、合コンをしたあとに「つまらない会だった」と口にする人がいます。

その一言を耳にしてしまうと、誰だって「もう紹介したくない」と感じてしまうことでしょう。

飲み会がつまらなかったり、紹介してくれた友人がタイプではなかったとしてもまずは紹介してくれたことに感謝しましょう。

ご縁がなかったとしても紹介しようとしてくれたことに「ありがとう」といえる女性には、もう一度別の誰かを紹介してあげようという気になるものです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は男子が「いい男を紹介したくなる」女子の特徴をご紹介しました。振り返ってみるとそれ程難しいことではないでしょう。

たったこれだけのことに気をつけるだけで人の印象というのは大きく変わってくるのです。ぜひ実践してみてください。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)