ほめるポイント

あなたは、好きな男性のことを褒めて伸ばしていますか?

気になっている男性や、好みのタイプの男性のことはとりあえず褒めておいて損はありません。

ですが「女性が褒めた方が良いと思っているポイント」と「実際に男性が褒めて欲しいポイント」がずれているともったいないですよね。

今回は男性たちにどんな部分を本当は褒めて欲しいのか聞いてみました。

ほめるポイント

1:彼女への愛情

「彼女は結構僕のこと褒めてはくれるんですけど、なんか的外れっていうか……。たとえば体が鍛えられていてたくましいとか、良いお店選んでくれて嬉しいとか。

でも本心で言うと彼女のことをこんなに愛している気持ちを認めてもらいたいなって思います。なんか他の部分ばかり褒められて愛情が伝わっていないように感じるので」(29歳/人事)

彼氏彼女の関係だとしても「私のことたくさん愛してくれてありがとう」って言葉はなかなか出てきませんよね。

もし間違っていたらカン違い女だと思われそうで不安です。

ですが、デートのために時間をつくってくれたり、健康のために気を遣っているのももしかしたら愛する彼女のためなのかもしれません。

2:小さな気配り

「小さな気配りを褒めてもらいたいです。会社で気になっている女の子がいるので、いろいろ手伝うと褒めてもらえるんです。

でも“こんなに重たいのにすごいね”とかって大きいことじゃなくて、繊細な気配りができている所を見てもらいたいなぁって感じます。男なら重たいもの持てるのは当然だと思うので」(27歳/IT)

男らしさを褒めることももちろん大切ですが、男性なのに女性より気配りができるなどの長所があるのならそちらを褒めてみて。

その方が、他の女性との差を感じてもらえる可能性があります。

3:仕事を頑張っていること

「当たり前すぎるかもしれないんですけど、毎日仕事を頑張っていることって誰も褒めてくれないので、褒めて欲しいなぁ。

もちろん誰だって仕事を頑張っているから、あらためて褒めることじゃないのかもしれないですよ。でもそういう当たり前を当たり前だって思わない女性がいたら素敵だと思います」(26歳/広告)

男性は自分から甘えるのが下手な人が多いようです。

恋人同士であっても、彼氏が彼女に「仕事頑張ってるね」という機会の方が多く、男性は「彼女のためにも生活のためにも仕事を頑張って当たり前」と思われやすいのかもしれません。

でもそんな彼をしっかり褒めてあげることで、彼はもっと仕事を頑張れるのではないでしょうか。

おわりに

褒めて欲しいポイントってもっとすごい事かと思いましたが、意外と身近ですぐに実践できそうなことばかりでしたね。

これならどんな男性にも応用できそうですね。

ぜひ褒め上手になって、男心を掴んじゃいましょう!

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)