メロメロ

好きな人ができたあなた、ただやみくもにアプローチしてしまっていませんか?もしそうならその恋愛が成就するのは難しいかも。

アプローチはターゲットがメロメロになるように工夫を凝らすことが重要です。

今回は、男性陣に「僕、こんなアプローチでメロメロになっちゃいました」という体験談を聞いてみました。

メロメロ

必殺!褒め殺し

「とにかく『カッコイイ』を連発してくる後輩。『先輩、おはようございます。今日も素敵ですよ』『もう仕事終わったんですか?素敵だなぁ、さすがだなぁ』なんて調子で。

最初はあまりに照れくさくてやめてほしいな、と思ってたんですけど、ある日帰り道が一緒になったときに目に涙をためて『ずるいですよ。そんなにカッコイイなんて……』って。

あの言い方はやばい!以来、彼女にドキドキしっぱなしです」(27歳/製薬会社勤務)

「あなたのことをカッコイイと思ってるんですよ」という褒め殺しアプローチに落ちちゃう男性は多いもの。「カッコイイ」といわれて不愉快に感じる男性はまずいません。

いいな、と思っている相手のことはしっかりと褒めてあげて「あなたに好意を持ってます」アピールをしましょう。

定番!色仕掛け

「なんやかんや言って男って女の子のプニプニに弱いんだよね。バストはもちろんのこと、柔らかそうな二の腕やホッペとか……。

会社の同僚が、やたら僕にだけ距離が近いの。『おはよ』って柔らかい二の腕で僕の腕を組んだり、後ろから『何してるの?』って僕パソコンをのぞきこむときには、背中にバストを押し付けたり……。

すげーあざといってわかってるのに……もうトリコです」(27歳/広告代理店勤務)

色仕掛けはあざといくらいが効果的。バストや二の腕など女性らしい柔らかなパーツを彼に意識させちゃいましょう。きっと彼は頭の中があなたのことでいっぱいになっちゃうはず。

巧妙!押しては引く作戦

「基本的に男って追いかけたい生き物。あんまりガツガツ来られると引いちゃうんだよね。その点、俺の彼女のアプローチは匠の技だった……。

堂々と『かっこいいよね』とか言ってくるからてっきり俺に気があるんだと思って『じゃあ食事でもいく?』って誘ったら『行かない』ってあっさり。こっちとしては『あれ?俺のこと好きじゃないの?』って拍子抜けしちゃうよね。

でもまた『やっぱりタイプだわ』なんて言ってくる……。そんな彼女に翻弄されて、『付き合ってください』って俺の方から告白しちゃった」(26歳/会社員)

あまり押し過ぎるのもいけません。押しては引く、この駆け引きが重要。相手に「思い通りにならない女だな」と思わせることができたなら、この勝負、勝ったも同然です。

あざといくらいでOK

アプローチする際は、相手にしっかりと「あなたに好意を持っています」と分かってもらうことが大切です。

色仕掛けするにせよ、褒め殺しで攻めるにせよ、少々あざといくらいが男性は心地いいものなのです。

自分の気持ちを真っ直ぐストレートに伝えるようにしましょうね。

(愛カツ編集部)