細かい彼

自分が細かいから、相手も細かい方がいいのか?それとも逆の大雑把な彼がいいのか?

自分が大雑把だから細かい彼がいいのか、逆の同じ大雑把な方がが向いてるのか……。

どっちの方が自分に向いているのか悩みどころですよね。

そこで今回は、細かい彼と大雑把な彼の心情と対策法をご紹介。
どちらが自分に向いているのか、参考にしてみてくださいね。

細かい彼

細かい彼の心の中って?

細かい彼って、本当にいつまでも細かいことを言ってきます。

でもそんな彼も、誰にでも言っている訳でなく自分の事をわかって欲しい人にしか言わないはず。

好きだからこそ、自分を受け入れて欲しいからこそ、細かく言うのです。

そこには彼なりに「相手を信用して、安心して任せたい」というこだわりがあるようです。

そのため、たまに試し行動をして相手の様子を見る事があり、そこがアウトな人には残念ながら向いていないでしょう。

本来なら「勝手にやってくれる?」と、一言でバッサリ切られてしかたないことを細かく言ってこられると、誰でもウンザリしちゃいますからね。

そして、真面目な人ほど、彼の期待に応えたと頑張り過ぎて疲れる傾向が。

反対に「全部彼に合わせたい! 」という人には、細かい彼もフィットするでしょう。

細かい彼の対策法

もしもう付き合っていると言うなら、彼女の方もきっとある程度は生真面目な性格なのかも知れません。

細かい男性はあまり雑な女性を選ばない傾向にあるからです。

そんなあなたが彼と仲良くやっていくには、細かいところまでお互い納得できるラインを探すと良いでしょう。

「これ以上は疲れちゃうな」と思ったら、ちゃんと「これ以上は無理」とハッキリ答える事。

どこまで彼のマイルールを受け入れられる、どこから受け入れないか、というラインを明確にすると細かい彼も納得してくれますよ。

大雑把な彼の心の中って?

「自分が自由でいたいから、相手にも何も言わない」これが大雑把な彼の心の中。

多かれ少なかれ、自分が言われたくない・されたくないから相手にも何も言わないと思っているのです。

どうとらえるかは人それぞれなのですが、細かい彼との違いは基本的に「自分が楽したい」と思っている点です。

ある程度は彼女にお任せして……といえば聞こえはいいですが、どちらかといえばしっかり者の彼女が相性はよいでしょう。

何でも自分でやりたい女性は、自分の持ち味が発揮できるのではないでしょうか?

大雑把な彼の対策法

大雑把な彼との間に悩みが出てくるとすれば「もっと自分の方を見て欲しい! 」と思うことではないでしょうか?

特に細かい彼と付き合った後なら、大雑把な彼が本当に自分が好きかどうか、わからなくなってしまうことがあると思います。

「ちゃんと自分の事を見ていてくれてるのかな?」

こんな不安な気持ちが襲ってきた時には、素直に口に出してみること!

たいていは女性の取り越し苦労であることが多く、男性の方はあまり何も考えていないと思いますよ。

結局自分にはどっちが向いているの?

好きになってしまったら合わせるしか無いのですが、どちらを取ってもきっと一長一短。

どちらか迷った時には、自分が無理せず笑っていられる方を選ぶようにすればOK。

きっと間違いないと思いますよ。

(只野あさみ/ライター)

(愛カツ編集部)