キープ女子

男性からなかなか本命としては見てもらえずに、キープ扱いをされてしまうことも多い。

そういった女性は、男性から大切にされなくなるような行動を自然と取ってしまっている可能性も高いんです。

そこで今回は、「キープの女」にされてしまう原因を紹介します。あなたにも身に覚えはないですか?

キープ女子

「一方的」に好きすぎる

自分の気持ちを素直に表現するのは大事なことですが、一方的に「好き」という思いをぶつけすぎるのは危険な行為。

「俺にベタ惚れなんだな」と男性に思われてしまうと、「この子はキープでも大丈夫かも」なんて考えが芽生えたりもするかも。

そもそも男性は追いかけられるよりも追いかけることで夢中になるものなので、好意は見せつつも追いかけすぎないのがベストです。

好きであればあるほど深追いしたくもなりがちですが、それではいいように利用されるはめにもなりかねませんよ。

ほとんど何も「詮索しない」

束縛や干渉が激しい女性は、男性から最も煙たがられる女性であるとも言えます。

とはいえ、ほとんど何も詮索しないでいたら、それはそれで好き放題やられてしまう危険性を秘めているもの。

あまり会えなくても、連絡を取れないことがよくあっても、その理由や原因を一切聞いてこないような女性は、男性からするとキープにするのに最適なはず。ラクで都合がいいからです。

気になることがあるのなら、我慢をせずにちゃんと聞くようにしないと、あとあと自分が嫌な思いをすることになるだけですよ。

結局は「言うことを聞く」

不満に感じることや許せないことがあったときに、ちゃんとそれを溜め込まずに吐き出すのはとても大事。

でも、不満をぶつけることができたとしても、いつも結局は言いくるめられたり、男性の言うことを聞く感じで終わってしまうのはあまりよくないかも。

それでは「最終的には思い通りにできる」と、男性も心のどこかで感じるようになるはずです。

なんでもかんでも反発するのはダメですが、「これだけは絶対に許せない」という部分は、折れずにしっかりと意見を通した方がいいでしょう。

あまり「自己主張」をしない

普段からあまり自己主張をせず、みんなの意見に従ったり流されたりすることが多い女性は、遊び目当ての女性を探している男性にとっては格好の餌食です。

やや強引に押してしまえば何とかなりそうな雰囲気があるので、落としやすくも感じるでしょう。

また、自分の意見や考えをほとんど発してこないので、とても都合よく扱うこともできるもの。

好きだからといって、男性の顔色を伺ってばかりいたり、「自分が我慢すればいい」という思いを持ちすぎると、付け込まれることになるだけですよ。

おわりに

「キープの女」にされてしまうのは、女性側に原因があるというケースも多いです。

特に、男性を図に乗らせたりすぎたりすると、雑な扱いを受けたり、軽く見られたりもしかねませんよ。

いつも本命になれない……なんて方は、一度自分自身の行動を見直してみてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)