思い込み

男女関係をこじらせる原因となる、思い込み。

彼が取った行動から「こう思っているに違いない!」と決めつけてしまうと、思わぬトラブルを引き起こすこともあります。

今回は、女性の勘違いから迷惑を被った経験のある男性に、当時のエピソードを教えてもらいました。

思い込み

優しくしたら好きだと思われた

「仕事で同じチームになった後輩の女の子。プロジェクトを成功させたくてマメに手助けしていたら、好意があると勘違いされて……俺は社内に付き合ってる子がいたんだけど、その後輩が彼女に小さい嫌がらせをはじめて困りました」(29歳/メーカー)

一歩間違えるとストーカーになりかねない、こちらのエピソード。

彼にとっては「人に優しくすることは大人として当たり前のこと」という認識で、そこに深い意味なんてなかったのかもしれませんね。

彼が誰にでも優しいタイプなのか、自分だけ特別扱いをしてくれているのか。冷静に見極める必要がありそうです。

貯金をしたら結婚をせかされた

「ボーナスを全額貯金にまわすことにしたら、結婚を真剣に考えていると思われたらしい。いきなり彼女の親に会わされそうになって、焦りました。俺はその子と結婚するつもりなんてなかったし、欲しい車があっただけなんだけど。なんですぐそういう発想になるかな」(27歳/銀行員)

貯金以外にも、高級レストランを予約してくれるなど「もしかして?」と期待してしまう場面ってありますよね。

しかし、彼からプロポーズされていないのにひとりで突っ走ってしまうと、結婚どころか別れにつながる危険性も。早まって重い女にならないよう気をつけましょう。

誘いを断ったら脈ナシだと思われた

「気になる子からデートに誘われたのに、その頃ちょうど仕事が繁忙期で。かなり忙しくて『しばらくは無理かも』って返したら、連絡が来なくなりました。仕事が落ち着いてこっちから誘ってみても、会ってもらえず。共通の友人に聞いたところ、どうやら俺の断り方が、脈ナシだと思わせたとか……早々に次へ進んでしまったそうです。会えるのを楽しみに繁忙期を乗り切ったのに!」(25歳/不動産業)

こちらは「好きだったら、こんな断り方はしないはず」という決めつけが、悪い結果につながったケース。

せっかく両想いになれても、勝手な思い込みでチャンスを逃してしまうこともあるようです。

私たちが思っている以上に、男性は好きな相手にもそっけないときがあると心得ておきましょう。

想像力豊かな女性がしやすい思い込み

自分の物差しだけで相手の気持ちをはかることが、思い込みへとつながるようです。

人それぞれ、持っている常識は違うもの。彼が取った行動から勝手に気持ちを想像して、舞い上がったり落ち込んだりした経験のある女性は、少し注意してみたほうがいいかもしれません。

(愛カツ編集部)