付き合っている中で、彼の気持ちが冷めてくることも時にはあるでしょう。

そこに早めに気づかず放置をしてしまうと、別れに繋がる可能性もあるので、その彼の気持ちの変化を早めに察知するのが重要です。

そこで今回は、彼女に冷めてきている男性のよくある3つの言動を紹介しますので、今付き合っている彼が当てはまらないかチェックをしてみてください。

会話が適当になる

彼が相槌ばかりで「今、ちゃんと話を聞いてた?」と感じることはありませんか?

あなたの話に適当な相槌を打っているだけで、話を全然聞いていない状態。

これは彼の気持ちが冷めてきていて、あなたへの興味を失っている証拠。

どんな話をしても適当な相槌ばかりで、中身のない会話になっていたら、彼の気持ちが冷めていると思って間違いありません。

彼がデートに誘わなくなる

以前は、彼からデートの誘いが頻繁にあったのに、最近は自分から誘っていることが多いな~と感じることはありませんか?

あなたの方からデートに誘ってばかりになっていたら、それは彼の気持ちが冷めてきている証拠かも。

仕事が忙しい時期だとか、資格試験の勉強が大変だとか、明確に誘いが減る理由が無いにも関わらず、彼からのデートの誘いがなくなっているとしたら、それは彼の気持ちが冷めていると思って間違いありません。

遠出を面倒くさがる

付き合い始めの頃は色々な場所に一緒に出掛けていたのに、最近のデートと言えば近場やお家でのデートしかない、という経験はありませんか?

特に遠出のデートを嫌がるようになったら、それは彼の気持ちが冷めてきているのかも。

遠出を嫌がるということは、あなたのために労力をかけるのが面倒であるということ。

彼が遠出のデートを明確に断るようになったら、それは彼の気持ちが冷めていると思って間違いありません。

おわりに

男性の冷めてきている気持ちは早めに察知をしましょう。

今回ご紹介した3つの言動は、気持ちの冷めてきた男性がやりがちな行動です。

早めに彼の気持ちの変化に気づければ、最悪の結末は回避できるかもしれませんよ。

(愛カツ編集部)