リードしたい

エッチのとき、彼氏にリードしてもらいたい人と、自分が彼のことをリードしたい人とがいますよね。

リードする女子は、みずから彼氏のパンツを脱がせて、ベッドの上で彼の身体を表にしたり裏にしたりと、いろいろ忙しく動き回ったりもするでしょう。そしてそういう積極的な彼女のことを誇りに思っている彼氏もいるでしょう。

女子たるもの、恥じらいをもって奥手気味にエッチに臨むべしなんて、いったい誰が言い出したのでしょうか。

とはいうものの、それでもやっぱり世の中には彼女のことをリードしたがる男と、あくまでも男にリードしてもらいたい女子とがいるもので。

今回は、男子が本気でリードしたくなる女性とは、どのような女性なのかについてお届けしたいと思います。

リードしたい

何をしたいのかをはっきり言う女子

男子って「リードする」と「女子が嫌がる」の境界線がどのへんにあるのかを絶えず探っています。もちろんそんなことを探らないで、自分勝手なセクハラまがいのエッチをするアホな男も世の中にはいるけれど。

で、リードすることと、女子が嫌がることの境目って、女子によってちがうんですよね。ある女子にとってはうっとりするほど華麗にリードされていると思うことであっても、他の女子に同じことをすれば無理矢理みたいに感じたりするわけです。

なので、男子は「こういうことをしてみたい」とはっきり言ってくれる女子のことを、本気でリードしたいと思います。

リードか無理矢理か、これは男にとってかなりデリケートかつ難しい問題なのです。

素直な女子

男は自分の言うことをなんでも聞いてくれる素直な女子のことが好きです、ということではないんですよね。素直というのは、嫌味なく楽しく遊べるということです。

エッチって、マジメに解釈すれば、愛を確かめ合う神聖な行為なわけだけど、でもみんな、大真面目な目的だけのためにエッチしてないですよね。そこには遊びの要素も加わりますよね。

遊びというのは、いわゆるヤリ逃げエッチとはちがって、ホントに遊びです、つまり、その行為の最中はその行為だけに存分に、かつ楽しみながら集中する行為です。

このへんのことはニュアンスとして理解しておかないと、「エッチを頭で学習しよう」なんていうトンチンカンなことになりかねません。

エッチが潜在的にもつ遊びの要素をうまく引き出そうと思えば、男女ともに素直じゃなければ!

エロに好奇心旺盛な女子

エッチに対する好奇心が旺盛かどうかは、恥じらいの少し奥にある気持ちを彼に見せるかどうかにかかっています。

「恥ずかしいから見せれない」という女子であっても、たとえば彼のトークがうまくてつい見せてしまうことだってあるでしょう。

つい、うっかり見せてしまえば、もうその開いた扉は開きっぱなしになって、どんどんエロに対する好奇心が沸き起こってきて、彼がリードし、彼女はリードしてくれる彼に身も心も委ねて……という感じに。

正直にエロの好奇心の扉を開くことのできる女子は、彼が本気で上手にリードしてくれる女子です。

いかがでしょうか。

例えばセクハラの報道が目立つからか、男が女子をリードするといえば、どうしても女子の合意なしに無理矢理……みたいなニュアンスがついてまわります。

でも、世の中には、そんなアホな男しかいないわけではありません。思いやりをもって紳士的にリードしてくれる男もいます。

そういう男とどう出会う?これははっきり言って運です。もちろん運以外の要素もあるけれど、でも運という要素だけは抜きようがない。

運を良くしようと思えば、まずは願うことです。わたしのことを本気で、かつ、紳士的にリードしてくれる男性に出会えますように、と願うことです。

(ひとみしょう/作家)

(愛カツ編集部)