「好きな人が振り向くのを、じっと待つ」

オトナ女子に、そんな時間はありません!

もし職場で、いい男性がいるのであれば、交際への発展確率を高める戦略を練って、期限を決めてアプローチを開始するのがマスト。

「擦りこみで勝率を高める方法」を使って、気になる彼との急接近を狙ってみませんか?

職場

1.まずは冷静に彼をリサーチ

職場で気になっている彼。でも、久しぶりの彼氏候補登場に、少し浮き足立っていませんか?

衝動的な感情で突っ走って後悔しないためには、まず「この恋、本物!?」という目線で、冷静に気持ちを診断してみましょう。

・絶対NGな条件にはまってない?

・彼の悪い噂は本当にない?

・食べ方は生理的に大丈夫?

・そもそも、この男のどこがいいの!?

少ない情報でも、あえてマイナスポイントを探して、交際しても許せるかどうかを冷静にチェック。

結果GO!なら彼の行動パターンをリサーチして作戦2へ。

この段階でのUターンも十分ありです。進むべきかを自身で確認していきましょう。

2.彼にあなたを印象づける

次は、あなたという女性を少しずつ印象づけるステップです。

同じ職場なら出社時間、帰宅時間に合わせて、彼の視界の端に何気なくフレームインしましょう。

大切なのは、他の女性とはひと味違う個性。決して埋もれていないことです。

いつもイヤホンをして、なにか口ずさんでいる。見るたびに同じ色合いの服を着ている。

変わったマスクをしている。

そんなふうに「なぜ?」とツッコミたくなるような印象で彼の興味を引くといいかもしれません。

最初は変わり者という印象のほうが、成功率が高いのです。

3.アイコンタクトで意識の中へ

自分のルーチンの中にちょくちょくフレームインするあなたを「あれ、またあの子だ」と彼も気付く頃。

次のステップは、目線を合わせることです。できれば大勢のなかがベスト。

すでに前段階からサブリミナルのようにあなたを擦り込まれている彼は「もしかして俺に気があるのかな……」と直感するはずです。

目線が会うだけで、声をかけたい欲求に駆られるのが男。

「赤いものが好きなの?」「いつもイヤホンしてるよね?どんな曲を聞いてるの?」

などと気軽に声をかけてくれたらシメたもの。

でも、ここではまだベラベラ話さないこと。あなたへの興味を熟成させることが大切です。

4.偶然(運命)を演出する

恋愛ドラマのシナリオに欠かせないのが、運命のいたずらやアクシデント。

その瞬間を共有すると、運命的な繋がりを感じ、ふたりの心がグッと近づきます。

もちろん、偶然は仕込めばOK。

たとえば、会社帰りに彼が同僚と立ち寄る居酒屋をつきとめ、あなたも友だちを誘ってみてください。

そして化粧室などの前でバッタリ!

「最近よくお会いしますね。初めて友人と来たんですけど、素敵なお店に来られてるんですね!」

こんな運命的な印象と、褒め言葉をプラスしてみましょう。

大概の男性であれば、「今度、もっといい店を紹介しますよ」と次に繋ごうとするはずです。

5.好き!を行動で表現する

ここまでくれば彼とは、友人以上確定。あとは向こうのアクションを待つだけ。

4の続きで次の店へ誘われる、電話番号・アドレスを聞かれる、いきなりデートに誘われる可能性も十分にあります。

「仕事中ずっとかっこいいなって思ってたんです」「○○のとき、すっごい頼りになりました」

「実は、◯◯で見かけるたびに素敵な人だなって気になっていたんです」

遠慮せずに、こんなセリフを使って彼との偶然をキラキラ輝かせてみてください。

こういったくり返しは、必ず彼にもすり込まれ、あなたを印象づけることができるはずです。

まとめ

付き合う前の仕込みや擦り込みは、あくまで「自然に」が鉄則です。

唐突に彼のプライベートエリアに踏み込んでしまうと、警戒される可能性もあるので要注意。

この際、恋愛ドラマの主人公になった気分で、あなたが描いたシナリオを女優のように楽しんでみてはいかがでしょう?

(5656/ライター)

(愛カツ編集部)