セックス

夫婦の離婚原因のひとつ「セックスレス」

もちろん、カラダだけが一緒にいる理由ではありませんが、本能的に求め合っているからこそ、惹かれるというのは事実。

だからこそ、付き合ってから満足いくSEXができるかどうかは、とても重要な問題です。

ある程度年齢を重ねているのであれば、それを事前に調査しておくのもひとつの方法。

もし話ができる相手だったり、そんな雰囲気になったりすることがあれば、付き合う前に、彼のSEX事情を確認してみませんか?

セックス

回数や頻度

SEXがしたくなるタイミングや頻度は、人それぞれ。

彼に求められすぎても疲れてしまいますし、自分がしたいと思っているのに、なかなか応えてくれないと、寂しくなってしまうかもしれません。

月に何回くらいするのか、定期的にしたくなるタイプか、それとも偏りがあるのか、それとなく聞いてみましょう。

1回のSEXにかける時間も見逃せない要素。

もちろん、その時々で変わってくるものですが、きっと理想があるはずです。

前戯から本番まで時間や、本番からフィニッシュまで。

体力的な問題も人それぞれなので、理想がどのくらいなのか確認しておくと安心してSEXに臨めそうです。

フェチ的な相性

どんなポイントに興奮するのか、こだわりがあるのかも確認しておきたいところ。

SEXをするなら、○○がないと! と思っているのにそれが満たされないと、欲求不満になってしまいます。

とはいえ、無理な要求をされても困ってしまいますよね。

たとえば「○○な姿を見るのが好き」とか、胸が好きとか、お尻が好きとか、好みは人それぞれ。

SなのかMなのかも、SEXの相性に関わってきます。

下着にこだわってほしいとか、どんなときに優しく・激しく、したい・されたいなど、雰囲気が許すのであれば、聞いておくといいかもしれません。

SEXになにを求めているか

SEXはカップルや夫婦にとって、重要なコミュニケーション。

SEXをすることによって、絆を深めたり、安心して性欲を満たせたり、幸福感を得られるもの。

付き合う彼が、そうしたSEXが持つ役割を、どんなふうに認識しているかも、聞いてみるといいかもしれません。

快感以外にも、SEXになにを求めているかは、意外とデリケートな問題です。

ラブラブした雰囲気を楽しみたいのか、それとも、とにかく自分を解放して乱れたいのか……。

どんなときにそういうSEXをしたくなるのか? も確認しておきましょう。

彼はこういうSEXが好きな人、こういうときはこんなSEXがしたい人、というのがわかっているだけで、対応しやすくなります。

逆に、そういった予備知識がないと、ギクシャクしたSEXになってしまうケースも……。

お互いが経験豊富なのであれば、早めに話しておくといいかもしれません。

おわりに

付き合う前に性的な嗜好や趣味を理解しておけば、付き合ってから「あれ?」となるのを防ぐことができます。

女性の性欲は10代より20代、20代より30代とだんだん上がっていくものといわれています。

ある程度の年齢なら、付き合う前に確認してみるというのもひとつの方法ではないでしょうか?

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)