LINEのやりとりを、愛情のパロメーターとして見ているそこのあなた!

でも、しょせんLINEは気持ちを伝えるための代替ツール。

LINEの反応だけで、彼氏の愛情を測ることは難しいかもしれません。

むしろ、LINEが冷たくなったと感じたら、それこそ愛が深まっている証拠というケースも!?

そこで今日は、LINEでの彼の動向について解説していきたいと思います。

LINE

冷たいLINEは愛の印!?

デートのときは、笑顔で楽しく話しているのに、LINEではそっけない言葉ばかり……。

本当はどう思っているの? と、不安になっていませんか?

でも、実際会っているときと、LINEで会話をしているときなら、どちらが本当?

たしかに、LINEでしか言い出せないことはあるかもしれませんが、やっぱり「実際に会っているとき」のほうが真実です。

会って話せないからこそ、LINEをしているだけ。

むしろ、会って話すときが楽しく、気兼ねない間柄になっているからこそ、彼氏はLINEで気を使わなくなっているのかもしれません。

それを不安に思っているなんて本末転倒。

会ったときに仲がよく、LINEでだけ素っ気ないのであれば、それは愛が深まった証拠ともいえるのです。

会って話すならLINEはムダ?

男性は「必要か、不必要か」「役に立つか、ムダか」という基準で、物事を見がち。

「役には立たないかもしれないけど、あったほうが安心」「ムダかもしれないけど、気持ち的にしておきたい」

こんな動機があまり存在しません。

今度会う予定があるなら、そのときでいい。

2回同じ話をするのはムダだし、LINE以外でコミュニケーションがしっかりとれているなら、わざわざLINEで確認する必要がないと考えているのです。

好かれている安心感があるから

「私の相手をするのが面倒くさいの?」「それほど好きじゃないのかも……」

LINEでそっけない返事だと、彼に不安が出てくるかもしれません。

それは、彼氏にも以前は感じられていたこと。

付き合う前や、付き合い始めは、そういった気持ちがあり、だからこそ、以前は丁寧にLINEを返していました。

でも、いまやあなたからの「好き」を100%確信しているからこそ、返事を飾る必要がないと考えているのです。

「素っ気なくしても壊れない関係である」と、信頼と安心と愛情ゆえに、LINEに熱を込めなくなったのかもしれません。

すぐに返事がほしい事情がある

もし、彼のLINEに感情がこもっていないように感じたら、それは、パパッと手軽に会話したい気持ちの現れかも。

たとえば、デートでお店の予約をする会話をしてるとします。

「どこいく?」「OK」「予約完了」といった内容であれば、まるで仕事の報告のようですよね。

「楽しみだね!」「早く明日にならないかな~」という気持ちが聞けないと、冷たく感じるかもしれません。

でも彼としては、いち早く予約をとって、デートの準備を万端にしたいだけかもしれませんし、レスを早くもらうことで、チャットのようにリアルタイムで会話したいだけなのかも。

絵文字が入っていないLINEを気にしているとしたら、その時間のほうがもったいないですよ。

その時間を、デートの準備に充ててはいかが!?

おわりに

LINEでもラブラブしたい気持ちは、決して悪いことではありません。

でも、彼氏のLINEが冷たく感じるからといって、恋のテンションを下げるのはナンセンス。

会っていないときの不安を、せっかくのデートに持ち込まないように気を付けましょう。

いま目の前にいる彼をしっかり観察して! 会っているときの彼こそ本物です。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)