聞きたくないこと

男性は、自分の理想の彼女像を心の中に描いています。

理想と違う行動を取られると、それだけで好感度が下がってしまうもの……。

実は「話題の選択」なんていうところにも、男性なりの「理想」があるようです。

彼女に話してほしくない話題と、その理由を聞いてみました。

聞きたくないこと

他の男性を褒める話

「今日○○さんがとっても素敵なネクタイしてたんだよね」「大学の同期の○○君が会社起こしたんだって!すごいよね~」

世間話のつもりで言った一言。でも、彼の心は意外とザワついてしまうようです。

「単純にヤキモチを妬いてしまう」

こんな、ちょっとかわいらしく思えるような意見もある一方「遠回しに俺の批判?」「俺はどうせ、そんないい男じゃないよ」なんていう声も。

男性だって大好きな彼女の「一番」でいたいもの。

自分よりも他の男性が優れていると彼女が評価すると、自信を無くしてしまったり、プライドが傷ついてしまったりすることもあるのです。

「駆け引きされている気持ちになる」「ほかの男のこと、めっちゃ見てるんだなって思う」

このように計算高い女、軽い女のように思われてしまう危険も。

他の男性を褒めてもあまり良いことは無さそうです。

女友達の悪口

「さっきまで仲良くしてたのに、急に悪く言い始めて怖い」「陰でそんなふうに言ってるってことは、俺のことも……と思ってしまう」

と、男性にとって「陰で悪く言う女性」というだけで悪印象。

女性にとっての「愚痴」は、嫌なことがあっても次から笑顔で接するための「ガス抜き」のような意味合いもあります。

でも、男性にはそれが理解しがたいようです。

とくに仲の良い子に対する愚痴は「陰口」「悪口」と捉えられ、途端に小学生女子のいじめのような、陰湿なイメージに直結。

「そういうところがかわいいんだけどね」「だからほっとけなくって」

うっかり言ってしまった時は、フォローをつけ加えておきましょう。

それは秘密なのでは?と思う話

「浮気や不倫の話をされても『で?』って感じ」「そうやって噂が広がるんだなって思う」

こんな意見があるように、そもそも男性の多くは、ゴシップや噂話に興味が薄い傾向にあります。

さらに、それが知り合いだった場合には「そのあとどんな顔して会えばいいかわからない」「知りたくなかった」と、その後の生活にも影響するので、やめて欲しいという意見が多数派。

また、友達の過去の話や秘密の話などを聞かされると「お前を信頼して言ったんじゃないの?他の人に言うなよ!」「口軽いなって思う」と、信頼度が下がってしまうことも。

「俺のことも外で言われているのかな……」と警戒されてしまうようです。

「男性の意見を聞きたい」という目的があったり「聞いちゃったものの私じゃ抱えきれなくて……」

と、真剣に相談したい雰囲気があったりすればいいのですが、軽くネタのように話さないように気をつけておきましょう。

おわりに

男性は解決策を求めるために話しますが、女性は共感を求めるために話す、なんて言われています。

女友達に話すようなノリで男性に話すと、共感を得られないどころか、あなたのイメージダウンになってしまうことも……。

ご注意です。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)