寒くなってくると、せっかくのかわいい服もコートの中にイン。鼻や頬が赤くなったり、乾燥や冷えと戦かったり。

女性にとってはデートも一苦労ですよね。

でも、寒い時期だからこそ、男性が喜ぶ、女性の仕草もあるようです。

みなさまもぜひ、デートのときに少し意識してみてみませんか?

秋冬デート

手を一生懸命温めている

冷えやすい「指先」

冷えすぎてしまうと指がうまく動かなくなるので、手を温めている時間も長いのではないでしょうか?

実は、この寒がっている仕草も、男性から見るとかわいく見えるようです。

長袖のなかに手を引っ込めたり、手にはーっと息を吹きかけたり、手を一生懸命に温めている姿を見ると「手を繋いで俺があっためてやる!」なんて気持ちにさせるにも効果的。

文句のように「寒い!」と言わず、黙って手を温めてみては!?

「あったか~い」とにこにこ

手が冷たいのを見かねて、手を繋いだあとに「あったか~い」と言われると、男性はさらにキュンとくるようです。

女性にとっては、カイロのようで本当にありがたいだけかも知れません。

男性からすると、指先の冷たさにピンとこない方も多く「手をつないだだけなのに喜んでくれる」と嬉しくなってしまうのだとか。

このほか、温かい飲みものを買ったあとや寒い屋外から店内に入ったときなどに出る「あったか~い」の声を聞くと「小さなことなのに、にこにこしてくれていい子だな」と、好印象に映るようです。

ぎゅっとくっついてくる

「暑いときは離れがちだったから、くっついてきてくれるのが嬉しい」「寒いよ~とちっちゃくなって、そばに寄ってきてくれるのがかわいい」

とのご意見も。

女性からすると、彼で暖を取っているだけなのですが……(笑)。

甘えてくる彼女に愛しさを感じたり、彼女の役に立っているという意識が芽生えたりするようです。

くっつかれると男性側も温かいので、普段はあまりベタベタしない彼も「寒いから仕方ないか」と許してくれるかもしれません。

コートを脱いでドキッ

冬のオシャレを楽しむには我慢が必要……とはいっても限界がありますよね。

そんななか、冬にファッションで男性をドキッとさせるチャンスは、暖かい室内でコートを脱いだとき!

ニットワンピやタイトスカートなど、身体のラインがわかる服を着ていると「あれ? 俺の彼女こんなにスタイル良かったっけ?」とドキドキ。

コートを着ているときとのギャップがあればOKなので、無理に薄着にする必要はありません。

少しタイトなものを選ぶだけでも効果的です。

イルミネーションに感動

冬の醍醐味といえばイルミネーション。

一瞬、寒さも忘れて見入ってしまいますよね。

そんなときに、寒さに耐えながらはしゃいでいる無邪気な姿を見ると「顔や鼻を赤くしながらも、喜んでいるのがかわいい」と、彼もメロメロになってしまうよう。

「もう俺が温めておいてあげるから、ずっと見てたい!」「後ろから抱きしめたくなる」といったご意見も。

無理にはしゃがなくても大丈夫!

「すごーい」「きれい……」と白い息を吐きながら見とれているだけでも、彼は「連れてきてよかった」と嬉しくなるようです。

おわりに

女性側からすると寒さとの戦いになる秋冬のデート。

でも、男性はそんな女性の姿を見て、案外楽しんでいるようです。

男性が持っている「温もり」は、冬の女性にとって本当にありがたいもの。

素直に感謝して受け取って、寒い時期のデートを楽しんでくださいね!

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)