運命の出会い

出会いがない!でも嘆いたところで、出会いはやってきません。じゃあどうやって出会えばいいの~!?

今回はそんなふうに嘆く30代女子に向けて、素敵な出会いを見つけた「“元”出会いがない女子たち」にインタビュー。

彼女たちは、どんなところで運命の出会いを見つけたのでしょう?

運命の出会い

婚活アプリでとことん探した!

「試したのは、流行の婚活アプリ。でも、何人やりとりしても出会えず、面倒くさくなっていたんです。でも、寒い季節になると人肌が恋しい。気づけば2年彼氏がいないことに気づき、次こそは! と検索窓で検索し続けました。

すると、あるとき、まさにタイプ! という男性に出会えたんです。やりとりしていてもとても楽しく、飽きっぽい私ですが、気づけば1ヶ月くらいやりとりが続いていました。

そして、初めて会った日にまさかの告白。信じられませんでしたが、あれから7ヶ月。いまでは結婚の話も出始めてています。どこで出会ったの? と聞かれると気まずいですが、好きなんで、いまとなっては、まあいいかなって思ってます(笑)」(受付・34歳)

出会い系なんていわれていた時代とはうって変わって、現在ではこういったアプリや、SNSを通じて出会っている方も少なくないようです。

出会いがないと嘆くくらいなら、まず携帯を手に取ってみるといいかもしれません。

まさか上司の紹介で!?

「職業柄、ずっと会社でパソコンのキーボードを触る日々。気づけばみんな結婚して、コンパもない、出会いもないと嘆いていたんです。そんなとき出会いがないことを上司に愚痴っていて。すると『じゃあ飲みに行くか! 大学の後輩が誰か紹介してくれってうるさいんだよ』と。

そしてまさかまさか、上司が連れてきた男性はモロタイプ。こんなことってあるんですね。いまは、付き合って3ヶ月。上司は『俺に感謝しろ!』ってうるさいですが、いまとなっては、本当に感謝しています」(編集・31歳)

出会いがないのであれば、出会いを求めている!寂しい!と、口に出すのもおすすめ。

30代でバリバリ働いていると、彼氏なんていらないんでしょ?なんて思われるケースも多々。

ちゃんと自身で発信しておけば、友だち、同僚、上司に親までも(笑)いい縁談を持ってきてくれるかもしれません。

こんなところに出会いが一覧!

「犬の散歩中、毎日会っていてなんとなく仲良くなり、半年位してご飯に。自分でもまさかって感じでした」(生花店・34歳)

「相席居酒屋で出会いました。年齢層が低く気まずかったのですが、いまとなっては勇気を出していってよかったと思っています」(広告・32歳)

「友だちが、この子に誰か紹介してって言い回ってくれて。当時は恥ずかしかったですが、いまの彼氏も、その友だちのおかげで紹介してもらえた人です」(社労士・37歳)

「料理教室で出会いました。もう彼氏もいないし暇だしと始めた習いごとで出会えるとは!3年ぶりの彼氏です」(派遣・34歳)

「ユーチューバーのオフ会で出会いました(笑)。同じ趣味があると盛り上がるのも早くて、いまでは一緒にオフ会に行っています」(事務・31歳)

「婚活パーティ20回目でやっと彼氏ができました。いまは結婚へ向けて準備中。諦めなくてよかったです」(受付・35歳)

出会い方はさまざまですが、やはり家にこもっていては出会えません。

まずは、家の外に出たり、アプリやSNSを使ったりして、出会いをつくる行動からはじめてみては!?

おわりに

30代の出会いは、自分で勝ち取るもの! 複数人に聞いた結果、ちゃんと恋活や婚活をして出会っているケースも少なくないようです。

筆者の周りに聞いても、1度はアプリや婚活パーティなどを利用したことがある方が多いご様子。

みなさんも、「“元”出会いがない女子たち」の記録を頼りに、出会いを探してみてはいかが!?

(鈴本 ちさこ/ライター)

(愛カツ編集部)