恋から愛

彼氏といつまでも長続きをするような関係を築いていくためには、根底に大きな愛情を持ち合うことが必要不可欠です。

ただの恋で終わらずに、ちゃんと愛へとステップアップしていけると、お互いに手放すことができない存在にもなるでしょう。

そこで今回は「恋から愛へ」と移り変わっていくために必要なことを紹介します。

恋から愛

「欠点」も受け入れる

恋愛中のときは、好きな相手に対して「自分のいいところ」ばかりを見せようとするものでしょう。

でも、ずっと一緒にいられるような関係性になるためには、いい部分だけを見せていくのはさすがに限界があります。

欠点も含めて相手を受け入れることができるようになったら、本当に愛情が芽生えた証でもあるかも。

お互いに素の自分をさらけ出せないままでは、居心地のいい相手にもなれないはずですよ。

「見返り」を求めない

好きな男性に対しては、「尽くしてあげたい」とか「支えてあげたい」という気持ちにもなるはず。

ただ、そこには何となく見返りのようなものや、「良く思われたい」といった思いがあったりもするかもしれません。

見返りを求めるのは悪いことではありませんが、そういった部分が強すぎると、男性には引かれてしまうだけです。

「相手を喜ばせたい」「相手の困っている姿を見たくない」と素直に思え、当たり前のように自然にサポートしてあげることができるようになったら、男性にとってのかけがえのない存在になれるでしょう。

自分より相手を「優先」できる

深い愛情がある関係性を築いていくためには、お互いにちゃんと尊重し合うことが何よりも大切。

自分のことばかりではなく、相手への思いやりを持っているふたりであれば、気持ちにすれ違いが生じたりすることもないはずです。

さらに、自分よりも相手を優先することができるようになったら、より大きな愛情を感じ合うことができるでしょう。

常に相手を優先させる必要はないですが、男性を立てるべきところではさりげなく立てることができると、強い信頼も生まれるものですよ。

「妥協をすること」も覚える

どんなに好きな男性でも、どんなに相性がいいと感じている男性でも、やはり合わない部分も多少は出てくるもの。

全てが完全にピッタリと合うような男性にめぐり会えるなんてことは、そうそうないはずです。

合わない部分は合わない部分でちゃんと認めて妥協をしていくことも、とても大事な愛情のひとつ。

頑として自分の考えを一切譲らないという姿勢では、男性には「一緒に過ごしていくことは難しい」と思われてしまうだけですよ。

おわりに

恋をしたときのドキドキするような感情はとても大事なものですが、それをずっと維持していくのはなかなか難しいこと。

でも、もっと深い愛情を持つことができたら、欠かすことのできないパートナーにもなれるでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)